お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-16 10:20
クラウドコンピューティング環境における省エネならびにサービス品質向上対策の提案
亀屋俊介栗林伸一成蹊大ICM2011-57
抄録 (和) ネットワーク上に分散した膨大なコンピューティング・リソース(計算能力やストレージ)を所在や内部構造を意識することなく、必要な時に必要な分だけあらゆる端末から利用できるクラウドコンピューティングサービスが急速に広がりつつある。地球温暖化対策としてICT機器の電力使用量増加抑制は重要な課題であり、膨大なコンピューティング資源とネットワーク資源を必要とするクラウドコンピューティングもその対象である。
本稿では、クラウドコンピューティング環境における省エネ対策として、WAN高速化機能をクラウド資源の1つとして用意し、積極的にそれを利用することでICT機器の電力使用量を削減する方式を提案する。次に、今後のスマートグリッド導入とそれに伴い各ICT機器に電力センサが設置される状況を想定し、電力センサから得られるICT機器の電力消費パターンの変化からサービス品質劣化の予兆を推測する方式の可能性を提案する。さらに、クラウドコンピューティング環境におけるサービス品質向上対策として、広域のライブマイグレーション時にWAN高速化機能をネットワーク内で動的に適用しマイグレーションに伴う性能劣化を防止する方式を提案する。 
(英) Cloud computing services allow the user to rent, only at the time when needed, only a desired amount of computing resources (processing ability and storage capacity) out of a huge mass of distributed computing resources without worrying about the locations or internal structures of these resources. The widespread use of cloud computing services is expected to increase the power consumption and it is recognized that the energy consumption of ICT devices in cloud computing equipment should be a key issue.
First, this paper presents a method of reducing the power consumed by ICT devices in cloud computing equipment, which uses WAN accelerators as part of cloud resources and tries to increase the packet transfer rate in the network temporarily. Next, it discusses the possibility of detecting a sign of service quality deterioration by monitoring the power consumption pattern of ICT devices sent from power sensors, assuming that the coming introduction of smart grids will result in the attachment of a power sensor to each ICT device. Finally, this paper proposes to dynamically apply WAN accelerator within the network, in order to prevent the degradation in performance on live migration of virtual machines over a wide area.
キーワード (和) クラウドコンピューティング / 省エネ / サービス品質 / WAN高速化 / / / /  
(英) cloud computing / reducing energy consumption / QoS / WAN optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 488, ICM2011-57, pp. 53-57, 2012年3月.
資料番号 ICM2011-57 
発行日 2012-03-08 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2011-57

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-16 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) Dan-jo Kyoudou Sankaku Center 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2012-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドコンピューティング環境における省エネならびにサービス品質向上対策の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reducing power consumption and improving QoS in cloud computing environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドコンピューティング / cloud computing  
キーワード(2)(和/英) 省エネ / reducing energy consumption  
キーワード(3)(和/英) サービス品質 / QoS  
キーワード(4)(和/英) WAN高速化 / WAN optimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀屋 俊介 / Syunsuke Kameya / カメヤ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 伸一 / Shin-ichi Kuribayashi / クリバヤシ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-16 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2011-57 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICM-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会