お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-16 12:50
システム更改における総合試験効率化に関する一検討
阿部政浩久野友也南方伸哉古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2011-61
抄録 (和) 近年,システム更改と合わせて運用・維持コストの削減が実施されている.システム更改開発の中で,更改前後のシステム動作に差分がないことを総合試験で検証をしていた.従来手法では,人手による試験項目作成から試験結果確認までを実施していた為,システム母体が大きくなるほど試験稼動が多くなる問題を抱えていた.本論文では,システム更改における総合試験として,運用システムから取得した各種データを試験データとして利用する試験方法及び稼動削減効果について報告する. 
(英) Recently, the total system cost reduction is requested and worked on renewal system developments. The operation of after a renewal system had been demonstrated by product tests in the renewal system development. The system operation was demonstrated from test item executions to test result confirmations by developers in previously method. Therefore, we had problems that the test work became huge by the system scale. In this paper, we propose product test method using obtained data from the commercial operation system in the system renewal. Also, we report efficiency of test work reduction using the method in case of the renewal system's product test.
キーワード (和) 総合試験 / システム更改 / コスト削減 / 試験稼動効率化 / / / /  
(英) product test / system renewal / cost reduction / test work efficiency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 488, ICM2011-61, pp. 77-82, 2012年3月.
資料番号 ICM2011-61 
発行日 2012-03-08 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2011-61

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-16 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英) Dan-jo Kyoudou Sankaku Center 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2012-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) システム更改における総合試験効率化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of product test efficiency in system renewal development 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 総合試験 / product test  
キーワード(2)(和/英) システム更改 / system renewal  
キーワード(3)(和/英) コスト削減 / cost reduction  
キーワード(4)(和/英) 試験稼動効率化 / test work efficiency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 政浩 / Masahiro Abe / アベ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 友也 / Yuya Kuno / クノ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 南方 伸哉 / Nobuya Minakata / ミナカタ ノブヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古谷 雅典 / Masanori Furutani / フルタニ マサノリ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 和秀 / Kazuhide Takahashi / タカハシ カズヒデ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-16 12:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2011-61 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会