電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-16 13:50
二次元磁気記録のための簡易な媒体モデルに関する研究
加藤智隆鎌部 浩岐阜大エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2011-42
抄録 (和) 二次元磁気記録(TDMR)は,現行の方式を上回る記録密度を達成可能な技術の一つであり,
実用化のための研究が現在も続けられている.TDMRの主な課題は符号化と信号処理である.
このうち信号処理の研究には媒体モデルが不可欠であり,中でもボロノイモデルは多くの計算時間を必要としている.そこで本研究では,簡易なモデルとボロノイモデルとを比較する.また,後者のシミュレーション結果をもとに前者を調整し,後者に近い精度を前者でも担保する.最終的には,こうした精度でのシミュレーションが短時間で実行可能であることを示す. 
(英) Two-Dimensional Magnetic Recording(TDMR) is a storage architecture that can achieve
recording density higher than conventional systems.Research about TDMR has been continued for practical applications.The main challenges are coding and signal processing methods.
Channel models are essential to the study of signal processing.Above all, the Voronoi model needs much time to simulate on computer.So we compare it with the simple one,and adjust the simple one to be as acurate as it by its result.Finaly, we show that simulation results with such an accuracy can be observed in less time than using the Voronoi one.
キーワード (和) 磁気記録 / TDMR / ボロノイモデル / / / / /  
(英) Magnetic recoding / TDMR / Voronoi model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, 2012年3月.
資料番号  
発行日 2012-03-09 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2012-03-16 - 2012-03-16 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録, 一般 
テーマ(英) Optical Recording, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2012-03-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二次元磁気記録のための簡易な媒体モデルに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simple Channel Models for TDMR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁気記録 / Magnetic recoding  
キーワード(2)(和/英) TDMR / TDMR  
キーワード(3)(和/英) ボロノイモデル / Voronoi model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智隆 / Tomotaka Kato / カトウ トモタカ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌部 浩 / Hiroshi Kamabe / カマベ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-16 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2011-42 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.493 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2012-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会