お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-15 10:55
ウェーブレット変換に基づくシャドウイング生成モデルの提案
今井哲朗NTTドコモAP2011-200
抄録 (和) 現在標準化が進められている第4世代移動通信システムでは,更なる高速・大容量データ伝送を実現するためにCarrier-Aggregation技術,セル間協調送受信技術,リレー技術の適用が盛んに検討されている.これらの技術を精度良く評価するためには,シャドウイング特性をより厳密に模擬できるモデルが必要である.本稿ではウェーブレット変換に基づくシャドウイング生成モデルを提案する.本モデルを用いることにより,シャドウイングの振幅分布特性,自己相関特性を厳密に模擬することが可能となる. 
(英) Recently, CA (carrier aggregation), CoMP (coordinated multi-point transmission/reception) and relaying technologies have been actively investigated in order to achieve higher transmission rates in the 4th generation mobile communication systems. In order to accurately evaluate the performance of these technologies, models are needed to simulate more closely the characteristics of shadow fading. In this paper, we propose novel shadow fading generation model based on wavelet transform. Our model is able to simulate more closely shadow fading characteristics such as its amplitude distribution and auto-correlation.
キーワード (和) 移動伝搬 / シャドウフェージング / ウェーブレット変換 / シミュレーション / / / /  
(英) Mobile propagation / Shadow fading / Wavelet transform / Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 487, AP2011-200, pp. 7-12, 2012年3月.
資料番号 AP2011-200 
発行日 2012-03-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2011-200

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-16 
開催地(和) 熱海市中央公民館 
開催地(英) Chuo public hall (Atami City) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェーブレット変換に基づくシャドウイング生成モデルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on Shadow Fading Generation Model Based on Wavelet Transform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動伝搬 / Mobile propagation  
キーワード(2)(和/英) シャドウフェージング / Shadow fading  
キーワード(3)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet transform  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-15 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-200 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会