お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-15 11:30
アクティブ3次元センサを用いた簡易型非接触呼吸計測
青木広宙広島市大)・宮崎雅樹仲村秀俊慶大)・古川 亮広島市大)・佐川立昌産総研)・川崎 洋鹿児島大MBE2011-126
抄録 (和) 本研究では,肺機能検査の簡便な実施を目的として,パターン光投影によるアクティブ三次元センサであるKinectを用いた簡易型非接触呼吸計測について提案する.提案手法においては,Kinectの人体抽出機能を応用することで被験者の胸腹部領域の体積変化を算出することで呼吸波形を得る.本稿では,提案手法による非接触呼吸計測と呼気ガス分析装置による直接流量計測との比較実験により,提案手法の妥当性について検討した.呼気ガス分析装置との同時計測の結果,2つの測定結果の間には高い相関性が認められた.本結果は,提案手法により定量的な呼吸計測が非接触で実施可能であることを示唆するものと考えている. 
(英) We have examined a non-contact respiration measurement using the Kinect, that is 3D sensor based on structured light, in order to decrease the burden of the pulmonary function test. In our proposed method, the respiratory waveform is produced from the volume change of thoracoabdominal part of examinee measured by the three-dimensional measurement function of the Kinect. In this paper, we examine the validity of our proposed method by simultaneous measurement with our proposed method and the expiration gas analyzer. As the result of the simultaneous measurements, respiratory volume change obtained by the Kinect is correlated with respiratory flow volume obtained by the expiration gas analyzer. The result implies that our proposed method realize quantitative respiration measurement without contact-type sensor.
キーワード (和) 呼吸計測 / 非接触生体計測 / 三次元計測 / 肺機能検査 / / / /  
(英) Respiration measurement / Non-contact biomedical measurement / 3-D measurement / Pulmonary function test / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 482, MBE2011-126, pp. 101-106, 2012年3月.
資料番号 MBE2011-126 
発行日 2012-03-07 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2011-126

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2012-03-14 - 2012-03-16 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2012-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブ3次元センサを用いた簡易型非接触呼吸計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simple Non-contact Respiration Measurement Using Active 3-D Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 呼吸計測 / Respiration measurement  
キーワード(2)(和/英) 非接触生体計測 / Non-contact biomedical measurement  
キーワード(3)(和/英) 三次元計測 / 3-D measurement  
キーワード(4)(和/英) 肺機能検査 / Pulmonary function test  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 広宙 / Hirooki Aoki / アオキ ヒロオキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 雅樹 / Masaki Miyazaki / ミヤザキ マサキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲村 秀俊 / Hidetoshi Nakamura / ナカムラ ヒデトシ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 亮 / Ryo Furukawa / フルカワ リョウ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐川 立昌 / Ryusuke Sagawa / サガワ リュウスケ
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 洋 / Hiroshi Kawasaki / カワサキ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-15 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2011-126 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2012-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会