お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-15 13:35
Assurance Case作成手法(d*)の適用評価
猿渡卓也名大/NTTデータ)・山本修一郎名大KBSE2011-69
抄録 (和) 現在,開発されている情報システムの多くは,様々なシステム(要素)が相互に依存しあうオープンシステムである.しかし,代表的なAssurance Caseの記法(GSN)では,複数の対象が同じ木構造の中で表現され,システム同士の依存関係が明確にならない.そこで,対象同士のDependabilityの依存関係を記述できるd*(d*Framework)手法の導入を,エレベーターの制御システムを例にとり適用評価した. 
(英) Many information systems are now developed as open systems which mutually depend on each other. Although assurance cases are expected to confirm dependability of open systems, it is difficult to clearly describe dependency among co-related systems, because systems are not explicitly represented in structured trees of assurance cases. By using the case study of an elevator control system, we evaluated the d* framework which can describe the dependability of inter-related open systems.
キーワード (和) Assurance Case / d*Framework / ディペンダビリティ / / / / /  
(英) Assurance Case / d*Framework / Dependability / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 489, KBSE2011-69, pp. 1-6, 2012年3月.
資料番号 KBSE2011-69 
発行日 2012-03-08 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2011-69

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-16 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2012-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Assurance Case作成手法(d*)の適用評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of an Assurance Case development method (d*) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Assurance Case / Assurance Case  
キーワード(2)(和/英) d*Framework / d*Framework  
キーワード(3)(和/英) ディペンダビリティ / Dependability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 卓也 / Takuya Saruwatari / サルワタリ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学/株式会社NTTデータ (略称: 名大/NTTデータ)
Nagoya University/NTT DATA CORPORATION (略称: Nagoya Univ./NTT DATA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-15 13:35:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2011-69 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会