電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-15 16:15
障害物検出用車載センサと車車間通信を用いた出会い頭衝突防止システムの一検討
高取祐介菅沼雄介八嶋弘幸東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,車車間通信ネットワークにおいて車載センサで検出した他車両情報も含めて車両位置情報を共有する出会い頭衝突防止システムの周辺車両情報取得性能の評価を行っている.丁字路を対象道路環境とし,優先路に流入する車両から見た交差点接近車両の車両情報取得性能の理論的に解析している.さらにミクロスコピックシミュレーションを行い,提案システムが自車両情報のみを車車間通信ネットワークで共有する従来方法に比べて有効であることを定量的に示している. 
(英) This paper describes a crossing collision prevention system which uses inter-vehicle communication network that shares in-vehicle running information and other vehicles’ running information acquired by in-vehicle obstacle sensors. We focus on a T-junction model as a road environment and theoretical analysis of approach vehicles information acquisition performance has been conducted to the vehicles which flow into a priority way. Moreover, microscopic traffic simulation has been conducted. It is shown clearly quantitatively that the proposed system superiors to the conventional system that uses inter-vehicle communication which shares only in-vehicle running information.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / 車載センサ / 出会い頭衝突防止システム / / / /  
(英) ITS / Intervehicle communication / In-vehicle obstacle detection sensor / Crossing collision prevention system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 486, ITS2011-61, pp. 39-44, 2012年3月.
資料番号 ITS2011-61 
発行日 2012-03-08 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-15 
開催地(和) 電気学会本部 
開催地(英)  
テーマ(和) ITS情報処理、一般 
テーマ(英) ITS Infomation Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2012-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 障害物検出用車載センサと車車間通信を用いた出会い頭衝突防止システムの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Crossing collision prevention system using IVC and in-vehicle obstacle detection sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Intervehicle communication  
キーワード(3)(和/英) 車載センサ / In-vehicle obstacle detection sensor  
キーワード(4)(和/英) 出会い頭衝突防止システム / Crossing collision prevention system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高取 祐介 / Yusuke Takatori / タカトリ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 雄介 / Yusuke Suganuma / スガヌマ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八嶋 弘幸 / Hiroyuki Yashima / ヤシマ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-15 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2011-61 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.486 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会