電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-14 09:00
決定性線形トップダウン木変換器における問合せ保存の決定可能性
澤田龍太阪大)・橋本健二奈良先端大)・石原靖哲藤原 融阪大SS2011-75
抄録 (和) XMLスキーマを更新する際,更新後スキーマが更新前スキーマの表現能力を保存することが望まれる.表現能力保存の1つの形式化として,更新前スキーマから更新後スキーマへのXML文書変換が問合せ保存を満たすことが考えられる.問合せ保存とは,与えられた問合せの変換前文書に対する解と同じ結果が得られるような,変換後の文書に対する問合せが存在することをいう.本稿では, 変換と問合せのクラスがともに正規先読み付き決定性線形トップダウン木変換器であるとき,問合せ保存が決定可能であることを示す. 
(英) When updating an XML schema, it is desirable that the new schema preserve the expressive power of the old one. The query preservation of an XML transformation between the old and new schemas is one of the formalizations of expressive power preservation. It means that, given a query to the old schema, there is some new query such that the answer to the given query for any old document coincides with the answer to the new query for the new document obtained by the transformation. This paper shows that a variant of the query preservation is decidable when transformations and queries are given by deterministic linear top-down tree transducers with regular look-ahead.
キーワード (和) XML / 問合せ保存 / 決定可能性 / / / / /  
(英) XML / query preservation / decidability / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 481, SS2011-75, pp. 109-114, 2012年3月.
資料番号 SS2011-75 
発行日 2012-03-06 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2011-75

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2012-03-13 - 2012-03-14 
開催地(和) てんぶす那覇 
開催地(英) Tenbusu-Naha 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2012-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 決定性線形トップダウン木変換器における問合せ保存の決定可能性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Decidability of Query Preservation for Deterministic Linear Top-Down Tree Transducers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XML / XML  
キーワード(2)(和/英) 問合せ保存 / query preservation  
キーワード(3)(和/英) 決定可能性 / decidability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 龍太 / Ryuta Sawada / サワダ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健二 / Kenji Hashimoto / ハシモト ケンジ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 靖哲 / Yasunori Ishihara / イシハラ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-14 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2011-75 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2012-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会