電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-14 13:45
階層モデルを用いたMT野神経回路モデル
奈良紗友里庄野 逸電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大脳の中でも物体の運動を認識する MT 野に属する
神経細胞が持つ運動方向・速度選択性についての機能, そのなかでも特に運動の合成情報についても認識するパターン細胞の機能を計算機上で実現することを目的とした.
実際の脳の情報伝達経路などを考慮しながら Simoncelli \& Heeger のモデル(1998)をベースとして3種類のモデルを作成し, 運動視モデルのシミュレーションを行った.
その結果, 運動視モデルでは形態視モデルで使用されているような非線形処理を用いると重要な運動情報の検出が行えないこと, MT 野パターン細胞の特徴的な機能である運動の合成情報の検出を実現するにはV1 野での出力として運動検出結果を強調するような処理が好ましいことがわかった. 
(英) We aimed to implement the function of MT neuron, which responds to a specific movement direction and speed, in a computer simulation level
to explain a synthesized movement information.
Our simulation model is based on the model of Simoncelli \& Heeger (1998),
which has a hierarchical architecture of extractions of movement and non-linear modulations.
In our simulation, we consider three kinds of non-linear modulations.
In our result, the saturating type modulation, which is often applied to pattern recognition in order to tolerate pattern deformation, is not appropriate to detect movement information.
On the contrary, the energy model type modulation, which emphasizes the different of detection result, is more appropriate to explain MT pattern cells.
キーワード (和) MT野 / 運動視 / 階層モデル / / / / /  
(英) MT / Movement Vision / Hierarchical Model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 483, NC2011-129, pp. 45-50, 2012年3月.
資料番号 NC2011-129 
発行日 2012-03-07 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2012-03-14 - 2012-03-16 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2012-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階層モデルを用いたMT野神経回路モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Implementation of MT Area using Hierarchical Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MT野 / MT  
キーワード(2)(和/英) 運動視 / Movement Vision  
キーワード(3)(和/英) 階層モデル / Hierarchical Model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奈良 紗友里 / Sayuri Nara / ナラ サユリ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄野 逸 / Hayaru Shouno / ショウノ ハヤル
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-14 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-129 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2012-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会