電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-14 12:05
実行トレース解析のためのデザインパターンに基づくオブジェクトグルーピング
戸田達也小林隆志渥美紀寿阿草清滋名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) オブジェクト指向プログラムの振舞いを理解するために,プログラム実行時に生成されるオブジェクト群
とそれらのメッセージ送受信の様子をUML シーケンス図に描画する方法が提案されている.実行履歴から生成したシーケンス図は膨大で,読解に適さないため,実行履歴を抽象化することが有効である. 本研究では,ソースコード中のデザインパターン適用情報を用いてオブジェクト協調動作履歴を抽象化する手法を提案する.提案手法を実装したツールをオープンソースソフトウェアに適用する実験を行い,提案手法の有用性を議論する. 
(英) In this report, we introduce a novel approach to abstract an object collaboration history using the application information about the GoF design patterns in a source code. To comprehend an object-oriented program, there are techniques to draw objects in program runtime and those message transmissions and receptions as a UML sequence diagram. Since the UML sequence diagram formed from the history is too huge to understand behavior, it is effective to abstract an object collaboration history. We discuss the effectiveness of our approach through experiments applying our implemented tool to a open source software.
キーワード (和) プログラム理解 / 動的解析 / シーケンス図 / デザインパターン / / / /  
(英) program comprehension / dynamic analysis / sequence diagram / design patterns / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 481, SS2011-82, pp. 151-156, 2012年3月.
資料番号 SS2011-82 
発行日 2012-03-06 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2012-03-13 - 2012-03-14 
開催地(和) てんぶす那覇 
開催地(英) Tenbusu-Naha 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2012-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実行トレース解析のためのデザインパターンに基づくオブジェクトグルーピング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Grouping Objects for Executing Trace Analysis based on Design Patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラム理解 / program comprehension  
キーワード(2)(和/英) 動的解析 / dynamic analysis  
キーワード(3)(和/英) シーケンス図 / sequence diagram  
キーワード(4)(和/英) デザインパターン / design patterns  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 達也 / Tatsuya Toda /
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 隆志 / Takashi Kobayashi /
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 紀寿 / Noritoshi Atsumi /
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿草 清滋 / Kiyoshi Agusa /
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-14 12:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2011-82 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2012-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会