電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-13 09:30
コグニティブ無線マルチホップ通信におけるTCPの実験的性能評価
藤井庸平西田康太塚本和也鶴 正人尾家祐二九工大AN2011-90
抄録 (和) 近年,新規割当周波数の枯渇問題を解決するために,
周波数毎の占有利用権を持つユーザ(プライマリユーザ:PU)に影響を与えない範囲でセカンダリユーザ(SU)が通信を行う
コグニティブ無線が注目を集めており,
今後,この機能を持つ複数ノード同士が接続されマルチホップ通信を行う
コグニティブ無線ネットワークが形成されると予想される.

このネットワーク上のSU間通信ではPUの通信に伴う通信切断が各hopで独立かつ頻繁に発生し,
End-to-Endの通信品質が頻繁に変化する.
しかし,従来のTCPでは通信切断時のパケットロスや切替時のレート変化により通信品質が大幅に劣化する事が予想される.

そこで本研究では,2hopのコグニティブ無線ネットワーク環境を構築し,
(1)End-to-Endコネクションを維持,及び
(2)TCP Proxyを用いコネクションを分割管理
した際の性能について調査した.

その結果,コグニティブ無線ネットワーク環境のように周波数切替が頻発する劣悪な環境において,
TCPパラメタの設定やTCP ProxyによってEnd-to-Endの通信性能を大幅に改善できることがわかった. 
(英) Recently, cognitive radio has been attract much attention because it is a promising technology to solve the upcoming resource scarcity problem arising from traditional fixed frequency assignment policy.
In the near future, cognitive radio nodes will be very likely to perform multi-hop communication in a cognitive-radio network.
In this network, since primary user starts communication on each hop individually, secondary users such as cognitive nodes need to change the communication channel, thereby causing a considerable degradation on end-to-end communication quality.
However, traditional TCPs cannot consider the frequent change of data channels.
Therefore, in this paper, we investigate how both (1) several kinds of TCP version with parameter tuning and (2) TCP proxy impact on end-to-end communication through practical experiment.
As a result, we have shown that the tuning of TCP parameters and the use of TCP Proxy are effective for providing the efficient end-to-end communication performance even under a severe environment.
キーワード (和) コグニティブ無線 / TCPパラメタ調整 / TCP Proxy / GNU Radio/USRP2 / / / /  
(英) Cognitive Radio Network / TCP parameter tuning / TCP Proxy / GNU Radio/USRP2 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 477, AN2011-90, pp. 135-140, 2012年3月.
資料番号 AN2011-90 
発行日 2012-03-05 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2011-90

研究会情報
研究会 AN MoNA IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2012-03-12 - 2012-03-13 
開催地(和) 情報通信研究機構小金井 
開催地(英) NICT Koganei 
テーマ(和) モバイルアドホックネットワーク,モバイル時代を支える次世代無線技術,フィー ルドセンシングおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2012-03-AN-MoMuC-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線マルチホップ通信におけるTCPの実験的性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TCP Performance Evaluation on Multihop Cognitive Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio Network  
キーワード(2)(和/英) TCPパラメタ調整 / TCP parameter tuning  
キーワード(3)(和/英) TCP Proxy / TCP Proxy  
キーワード(4)(和/英) GNU Radio/USRP2 / GNU Radio/USRP2  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 庸平 / Youhei Fujii / フジイ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 康太 / Kouta Nishida / ニシダ コウタ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-13 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2011-90 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.135-140 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2012-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会