お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-12 11:20
広域同期型光タイムスロット交換網におけるタイムスロット割り当てアルゴリズムの検討
岡本佳祐高野奨太横田健治京大)・平松 淳中川雅弘NTT)・高橋達郎京大PN2011-84
抄録 (和) 本稿では,広域同期型光タイムスロット交換網において,タイムスロット割り当てアルゴリズムを,通信経路選択,タイムスロット割り当て時刻位置決定,割り当てトラヒック選択順決定の3つの小問題に分割し,ヒューリスティックなアルゴリズムで解くことを検討する.まず,迂回経路選択アルゴリズムを提案し,シミュレーションにおいて,リンク負荷の分散化により最大負荷リンクにおける負荷量を削減させることができた.次に,タイムスロットパッキングと割り当てトラヒック選択順決定アルゴリズムを提案した.シミュレーション評価により,ボトルネックリンクに着目した割り当てトラヒック選択順が有効であることを示した.最後に,伝送速度系列に関するシミュレーション評価を行い,等差系列が優位であることを示した. 
(英) This paper focuses on the globally-synchronized optical time-slot switching network and evaluates the time-slot scheduling problem which is separated into three sub problems, routing, time-slot packing, and decision of traffic assignment order, and solves heuristically by computer simulation. First, a detour routing algorithm is proposed and the simulation result shows that maximum link load is reduced by balancing link loads. Next, this paper proposes time-slot packing and traffic order determination algorithm. Simulation results show that traffic order determination algorithm focusing on bottleneck link are effective for the network. Finally, the effectiveness of three series of transfer rates are evaluated. Simulation results show that arithmetic series is most effective.
キーワード (和) 広域同期型光タイムスロット交換網 / サブλパス / タイムスロット割り当てアルゴリズム / / / / /  
(英) Globally-Synchronized Optical Time-Slot Switching Network / sub-λ-path / time-slot scheduling algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 475, PN2011-84, pp. 13-18, 2012年3月.
資料番号 PN2011-84 
発行日 2012-03-05 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2011-84

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2012-03-12 - 2012-03-13 
開催地(和) 五島市IT振興センター 
開催地(英) BaramonNetKan 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2012-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広域同期型光タイムスロット交換網におけるタイムスロット割り当てアルゴリズムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Time-Slot Assignment Algorithm in a Grobally-Synchronized Optical Time-Slot Switching Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域同期型光タイムスロット交換網 / Globally-Synchronized Optical Time-Slot Switching Network  
キーワード(2)(和/英) サブλパス / sub-λ-path  
キーワード(3)(和/英) タイムスロット割り当てアルゴリズム / time-slot scheduling algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 佳祐 / Keisuke Okamoto / オカモト ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 奨太 / Shota Takano / タカノ ショウタ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 健治 / Kenji Yokota / ヨコタ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 淳 / Atsushi Hiramatsu / ヒラマツ アツシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi /
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-12 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2011-84 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.475 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2012-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会