お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-12 15:00
能動的動作が二義的運動知覚に及ぼす影響
中村大志富山大)・石井雅博札幌市大IE2011-143 MVE2011-105
抄録 (和) 平面に投影された影から三次元物体の立体形状を知覚することは出来ないが,物体を回転させると立体形状を知覚できる(KDE).これは奥行き知覚の手がかりとして強力であるが,凸凹・回転方向の知覚に関して曖昧性が残る.本研究では,観察者が手を用いて刺激の回転を能動的に制御した場合,凸凹・回転方向の曖昧性が解決されるか調べた. 
(英) Though we can’t perceive that three - dimensional shape of three -dimensional object from shadow projected to the flat surface, we can perceive that three - dimensional shape by rotating object (kinetic depth
effect). Though this is powerful as clue of depth perception, it leaves ambiguity as to perception of irregularities and rotation direction. In this study, we examined whether ambiguity of irregularities and rotation direction were solved when observer actively controlled rotation of stimulus by hand.
キーワード (和) 運動奥行き効果 / 曖昧性 / 能動的関与 / クランクハンドル / / / /  
(英) kinetic depth effect / ambiguity / active participation / crank handle / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 479, MVE2011-105, pp. 59-63, 2012年3月.
資料番号 MVE2011-105 
発行日 2012-03-05 (IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2011-143 MVE2011-105

研究会情報
研究会 IE MVE  
開催期間 2012-03-12 - 2012-03-13 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) Toyama University 
テーマ(和) 五感メディアの品質,コミュニケーションデザイン,画像符号化,食メディア,一般 
テーマ(英) Quality of Five Senses Media, Communication Design, Image Coding, Food Media, General Area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-03-IE-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動的動作が二義的運動知覚に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of active motion in bistable motion perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動奥行き効果 / kinetic depth effect  
キーワード(2)(和/英) 曖昧性 / ambiguity  
キーワード(3)(和/英) 能動的関与 / active participation  
キーワード(4)(和/英) クランクハンドル / crank handle  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 大志 / Daishi Nakamura / ナカムラ ダイシ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 雅博 / Masahiro Ishii / イシイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-12 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IE2011-143,IEICE-MVE2011-105 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.478(IE), no.479(MVE) 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IE-2012-03-05,IEICE-MVE-2012-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会