お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-12 14:20
記憶想起支援のためのデジタルサイネージ個人化手法
鈴木崇弘上岡英史芝浦工大MoMuC2011-57
抄録 (和) 情報機器の低価格化によって、高性能なモバイル端末やデジタルサイネージが広く普及してきている。情報機器の普及により、誰でも大量の情報をいつでもどこでも受け取ることができるようになった。しかし、大量の情報の中に、自分にとって大切な情報が埋もれてしまうこともある。このような場合、人間の記憶をサポートするアプリケーションが必要だと考えられる。本稿では、デジタルサイネージにユーザ特有の個人ポータルを表示することで、情報取得の迅速化とユーザの記憶の中に埋もれた重要な情報を想起するシステムを提案する。実際にシステムを実装し、評価実験を通して提案システムの有効性を議論する。 
(英) Price reduction of information equipment enables high-performance mobile terminals and digital signage systems to be widespread, and thus everybody can easily obtain a large amount of information anywhere, anytime. Sometimes such a huge amount of the information, however, makes important information invisible. In this situation, some applications to support the user’s memories are needed. In this paper, a system which reminds the user of important information using a digital signage terminal will be proposed. The system displays the user’s personal information portal site on the digital signage monitor just by touching it with the user’s smartphone. The proposed system has already been implemented as a prototype system and the effectiveness will also be discussed.
キーワード (和) デジタルサイネージ / 記憶想起 / FALP / Todo / 記憶のサポート / / /  
(英) Digital Signage / Memory retrieval / FALP / Todo / Support for memory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, 2012年3月.
資料番号  
発行日 2012-03-05 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2011-57

研究会情報
研究会 AN MoNA IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2012-03-12 - 2012-03-13 
開催地(和) 情報通信研究機構小金井 
開催地(英) NICT Koganei 
テーマ(和) モバイルアドホックネットワーク,モバイル時代を支える次世代無線技術,フィー ルドセンシングおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2012-03-AN-MoMuC-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 記憶想起支援のためのデジタルサイネージ個人化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Personalization of Digital Signage System for Todo Alerting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルサイネージ / Digital Signage  
キーワード(2)(和/英) 記憶想起 / Memory retrieval  
キーワード(3)(和/英) FALP / FALP  
キーワード(4)(和/英) Todo / Todo  
キーワード(5)(和/英) 記憶のサポート / Support for memory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 崇弘 / Takahiro Suzuki / スズキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka /
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-12 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2011-57 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2012-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会