電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:40
多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークの性能解析
前田祐樹川原憲治九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) センサネットワークの主要なアプリケーションとして移動ターゲット捕捉がある.これまで,省電力化を考慮するために各センサノードは捕捉可能・通信可能・待機の3状態を遷移することを想定し,自律的に定められた数のノードで捕捉するためにメッセージ交換による効率的な捕捉アルゴリズムの提案と
捕捉性能や消費電力性能の評価を行ってきた.しかし,理論的な性能上限値は示されておらず,その値に基づくアルゴリズムの改善が必要となる.
そこで本研究では,各ノードは捕捉ターゲットまでの距離を既知であるという仮定のもと捕捉可能・待機の2状態を確率的に遷移するRIS(Random Independent Sleeping)でモデル化し,ターゲット静止時の各性能や性能条件を満たす遷移確率について理論的に導出する.さらに,ターゲット移動時において,得られた遷移確率と遷移周期が各性能に及ぼす影響をシミュレーションにより評価し,これまでの捕捉アルゴリズムとの性能比較を通して改善手法について検討する. 
(英) One of the major application in sensor networks is the moving target tracking. We have proposed the tracking algorithm by the predetermined number of sensor nodes on the condition that each node changes its status
among three ones, i.e., Active, Listen and Sleep, according to messages from other nodes, and evaluated both tracking and power-saving performance. However, the upper limit of these performances is not shown and the improvement of the algorithm may be required. Therefore, in this study, assuming that each node knows the distance to the target and can be modeled as RIS(Random Independent Sleeping) in which its state alternates Active and Sleep with a transient probability, we analytically derive the above performance measure and the transient probability that satisfies the required performance when the target is fixed in the field. Moreover, we investigate the impact of the mobility of the target on performance by simulation, compare the performance with that in the current algorithm, and thus discuss the sophisticated algorithm.
キーワード (和) センサネットワーク / 多点観測 / RIS(Random Independent Sleeping) / 理論解析 / 捕捉性能 / 省電力性能 / /  
(英) Sensor Network / Multi-point Surveillance / RIS(Random Independent Sleeping) / Theoretical Analysis / Tracking / Power-saving / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-190, pp. 317-322, 2012年3月.
資料番号 IN2011-190 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークの性能解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of Multi-point Surveillance for Moving Target Tracking Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) 多点観測 / Multi-point Surveillance  
キーワード(3)(和/英) RIS(Random Independent Sleeping) / RIS(Random Independent Sleeping)  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / Theoretical Analysis  
キーワード(5)(和/英) 捕捉性能 / Tracking  
キーワード(6)(和/英) 省電力性能 / Power-saving  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 祐樹 / Yuki Maeda / マエダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-190 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.317-322 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会