お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:30
[招待講演]サービスサイエンスからの数理技術への期待
神田陽治北陸先端大MSS2011-81
抄録 (和) サービスの原理の解明に向け,数理モデルへの期待を述べる.期待は,これまでは人間が担って来た役割を,現実のサービスで果たすことにある.数理モデルは,コンピュータプログラムとして,サービスシステムに実装されることで,この役割を果たすことができる.課題は,数理モデルを十分に信頼してもらうことにある.その鍵は,サービスビジネスの核に採用しようと思っている人々が数理モデルを正しく理解できるように,数理モデルの仕組みと限界を正しく管理することにあると考える.これを達成するためには,数理モデルのライフサイクルマネジメントが重要となる. 
(英) This paper describes my own inquiry in respect to mathematical models in the principles of service. The mathematical models are expected to help the roles of human beings in real-life services. They can assume the roles by being implemented in the logistics of the service systems as computer programs. The real challenge is to gain sufficient confidence in them. The key is to have them being structured and limited in order to have the models understood correctly by the person who plans to adapt them as part of their core business structure, which will naturally lead us to the life-cycle management of mathematical models.
キーワード (和) サービスの原理 / 数理モデル / 数理モデルライフサイクルマネジメント / / / / /  
(英) Principles of Service / Mathematical Models / Mathematical Model Life-cycle Management / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 453, MSS2011-81, pp. 49-54, 2012年3月.
資料番号 MSS2011-81 
発行日 2012-03-01 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MSS2011-81

研究会情報
研究会 MSS  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) JAIST東京サテライト 
開催地(英) JAIST Tokyo Satellite 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2012-03-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービスサイエンスからの数理技術への期待 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Some expectations to Mathematical Approach from the Standpoint of Service Science 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービスの原理 / Principles of Service  
キーワード(2)(和/英) 数理モデル / Mathematical Models  
キーワード(3)(和/英) 数理モデルライフサイクルマネジメント / Mathematical Model Life-cycle Management  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神田 陽治 / Youji Kohda / コウダ ヨウジ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2011-81 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.453 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会