電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:05
就寝時の突発的な事故の防止を目的とした無侵襲・無拘束なデータ取得システムの構築法
長谷川裕士寺戸敏彦岐阜大
抄録 (和) 我が国では,急速に高齢化が進んでいる.2007年には,世界で最初に超高齢社会を迎えている.それに伴い,孤独死される独居老人や老々介護世帯数の増加など、山積する老人問題の早期の解決策が求められている.特に在宅ケアーでは,付添者に全ての負担を強いるのが現状である.その解決策として,就寝時のバイタルサインや体動が24時間自動計測できるシステムが求められている.本研究では三次元位置計測システムと小型無線センサシステムの二つの手法による監視システムを提案する.そして,検証実験ではプロトタイプを構築し、呼吸情報の抽出と臥位姿勢の判別についての測定実験を試みた。その結果では,高い精度での抽出や判別が可能であることを述べる. 
(英) In our country is rapidly aging. In 2007, is facing a first super-aged society in the world. Accordingly, the case will die an old man living alone is increasing. And, have increased significantly the number of elderly households to take care of the elderly. In addition, home care, attendant has been borne by all. Monitoring system as its solution, vital signs and body movements of sleep state can be measured automatically for 24 hours is required. From this, we propose two techniques. The first is the body movement monitoring system using three-dimensional position measurement system. The second is the monitoring system using a small wireless sensor system. And, in our experiments, to build a prototype, we attempted to experimental measurements for determining the supine posture and breathing to extract information. In the result, Confirmed that the extraction and determination of high accuracy is possible.
キーワード (和) 超高齢社会 / バイタルサインの自動計測 / 突発的な事故の防止 / 呼吸検出 / 臥位姿勢判別 / / /  
(英) Super-aged Society / Automatic Measuring of Vital Signs / Prevention of Accident / Breathing Detection / Sleeping Form Discrimination / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 470, LOIS2011-98, pp. 153-158, 2012年3月.
資料番号 LOIS2011-98 
発行日 2012-03-01 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 名桜大学 
開催地(英) Meio Univ. 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2012-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 就寝時の突発的な事故の防止を目的とした無侵襲・無拘束なデータ取得システムの構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction Method of the Data Acquisition System by Means of Noninvasive and Unrestrained Try to Prevention of Accident in Bed 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超高齢社会 / Super-aged Society  
キーワード(2)(和/英) バイタルサインの自動計測 / Automatic Measuring of Vital Signs  
キーワード(3)(和/英) 突発的な事故の防止 / Prevention of Accident  
キーワード(4)(和/英) 呼吸検出 / Breathing Detection  
キーワード(5)(和/英) 臥位姿勢判別 / Sleeping Form Discrimination  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 裕士 / Yuji Hasegawa / ハセガワ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺戸 敏彦 / Toshihiko Terado / テラド トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2011-98 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会