お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:55
孤立領域間の物資輸送と遅延耐性ネットワークに関する考察
大谷優太中野敬介宮北和之新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模災害が発生した場合,地域間をつなぐ通信インフラが利用できなくなり,いくつかの地域が互いに情報的に孤立してしまう場合がある.この場合,孤立領域間で情報の交換を行う手段を確保することが重要であり,その目的のため孤立領域間を移動する端末自身に情報を運ばせるエピデミック伝送が有効であることが知られている.エピデミック伝送を用いることで,宛先の領域に情報が届くまでに多少の遅延時間は生じるが,他の領域の被災状況や家族の安否情報を伝達することができる可能性がある.本報告では,大規模災害時にいくつかの避難所が情報的に互いに孤立した場合を考え,物資輸送のためにこれらの避難所間を行き来する運搬車両が,物資の輸送と同時に車両に搭載した通信機器により避難所で情報を受け取り,他に伝えるというエピデミック伝送を考える.この場合において,物資の運搬と情報の広がりの間の関係をシミュレーションにより評価する. 
(英) When a large-scale disaster occurs, communication infrastructures can be disabled, and some regions can be isolated from each other from a viewpoint of information exchange. In this case, it is important to ensure a way to exchange information between these isolated regions. To do this, it is known that an epidemic transmission, in which mobile nodes deliver information by itself, is effective. By using an epidemic transmission, we can confirm the safety of the family in other regions although the delay time for delivery may be increased. In this report, we consider a situation where communication infrastructure between some places of refuge are completely disabled. We consider information delivery to such places of refuge by vehicles for transporting relief goods and using epidemic transmission. We analyze the relation between efficiency of transportation of relief goods and spreading of information by computer simulation.
キーワード (和) 大規模災害 / 領域間通信 / 物資輸送 / 遅延耐性ネットワーク / / / /  
(英) large-scale disasters / inter-region communication / goods transportation / delay tolerant networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 465, CAS2011-143, pp. 201-206, 2012年3月.
資料番号 CAS2011-143 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 孤立領域間の物資輸送と遅延耐性ネットワークに関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration on goods transportation and delay tolerant networks between isolated regions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模災害 / large-scale disasters  
キーワード(2)(和/英) 領域間通信 / inter-region communication  
キーワード(3)(和/英) 物資輸送 / goods transportation  
キーワード(4)(和/英) 遅延耐性ネットワーク / delay tolerant networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 優太 / Yuta Ohtani / オオタニ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮北 和之 / Kazuyuki Miyakita / ミヤキタ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-143,IEICE-SIP2011-163,IEICE-CS2011-135 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会