お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:50
重畳された無線センサネットワーク間の協調による負荷分散のためのルーチング手法
永田純子木下和彦阪大)・谷川陽祐戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大NS2011-242
抄録 (和) 近年,無線センサネットワーク(WSN)のアプリケーション数が増加しており,
複数のWSNが地理的に重なって構築されるケースが生じつつある.そのようなWSN環境下では,各シンクの位置が互いに異なっており,あるWSNのシンク周りのノードは他のシンクから離れているケースが存在する.本稿では,この点に注目し,自身のネットワークのシンクから離れていて且つ他のネットワークのシンクに近いノードは,重畳された他のWSNにおけるパケット転送も行うことでそれぞれのネットワーク寿命を延長する協調ルーチング手法を提案する.そして,本稿で提案する協調ルーチング手法と協調を行わない場合とを同一環境下で比較し,その有効性について議論する. 
(英) In recent years, the number of applications in wireless sensor
networks (WSNs) has been increasing. Overlapped WSNs can be constructed within the same geographic area. For multiple WSNs, each sink is located in different place from the others, and some nodes around a sink in one WSN may be far from a sink in another WSN. By exploiting such a situation, we propose a cooperative routing method suitable for overlapped wireless sensor networks.
The proposed method enables each overlapped WSN to prolong lifetime by forwarding another WSN's packets with some nodes that are far from a sink in their own network but near to a sink in another network.
Then, we evaluate the efficiency of the proposed method by comparing it with no cooperative forwarding.
キーワード (和) センサネットワーク / 重畳 / 協調 / ルーチング / / / /  
(英) sensor network / overlap / cooperation / routing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-242, pp. 351-356, 2012年3月.
資料番号 NS2011-242 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-242

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重畳された無線センサネットワーク間の協調による負荷分散のためのルーチング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Cooperative Routing Method for Load Balancing in Overlapped Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(2)(和/英) 重畳 / overlap  
キーワード(3)(和/英) 協調 / cooperation  
キーワード(4)(和/英) ルーチング / routing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 純子 / Junko Nagata / ナガタ ジュンコ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 和彦 / Kazuhiko Kinoshita / キノシタ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 孝三 / Koso Murakami / ムラカミ コウソウ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-242 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.351-356 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会