電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:00
グラフのサイクル構造に着目した障害復旧方式の検討
福田純一長野純一篠宮紀彦創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,メッシュネットワークに内在するリング(サイクル構造)を単位とし,局所的な制御を実現させる分散アルゴリズムの開発を進めている.ネットワークトポロジの任意の木構造によって一元的に定まるサイクル構造の集合を基本タイセット系という.本稿では,ネットワーク上のサイクル構造決定する手法として,基本タイセット系を用いる.また基本タイセット系に基づく新たな障害復旧手法について検討し,実際のネットワーク上での運用を可能にするため,各ノードのデータ構造と動作および分散制御方式を提案する. 
(英) This study deals with developing a distributed algorithm based on cycles in a network to accomplish a local control. A local control based on cycle area makes it possible to realize more high-speed failure recovery in a large-scale network. A set of cycles determined by a spanning tree structure which is one of network topologies, is called a fundamental tie-sets. The fundamental tie-sets are more effective to cover all links in a network from a perspective of computational complexity. This study introduces a failure recovery method on the basis of tie-set graph theory.
キーワード (和) 障害復旧 / メッシュ型ネットワーク / サイクル / 基本タイセット系 / / / /  
(英) Failure recovery / Mesh network / Cycle / Fundamental tie-sets / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-230, pp. 283-288, 2012年3月.
資料番号 NS2011-230 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフのサイクル構造に着目した障害復旧方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A failure recovery method based on cycle structure of network topology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 障害復旧 / Failure recovery  
キーワード(2)(和/英) メッシュ型ネットワーク / Mesh network  
キーワード(3)(和/英) サイクル / Cycle  
キーワード(4)(和/英) 基本タイセット系 / Fundamental tie-sets  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 純一 / Junichi Fukuda / フクダ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長野 純一 / Junichi Nagano / ナガノ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠宮 紀彦 / Norihiko Shinomiya / シノミヤ ノリヒコ
第3著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-230 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.283-288 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会