電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:50
省電力無線LANにおける複数端末の帰属先変更手順の提案
熊副和美野林大起福田 豊池永全志九工大)・阿部憲一NEC通信システム
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットに代表されるネットワークインフラの発展, 拡張に伴い, それを支える技術の省電力化が急務の課題となっている. そのため, ネットワーク構築, 構成変更の容易さと導入コストの低さからインフラとして広く普及している無線LAN においても, 省電力化にむけた様々な取り組みがなされており, われわれはROD
(Radio-on-Demand Networks) の研究開発に取り組んでいる. 無線LAN においては, 基地局(AP) は, 端末(STA) からの接続を待ち受けるために,通常, 常に稼働しているがROD では, ネットワーク内のトラヒック分布状況に応じてAP を起動させることで, 無線LAN の消費電力を削減することが検討されている. 本稿では,ROD において,AP が利用率に基づいて自律的に連携し, 複数の端末の帰属集約を実行する複数端末帰属集約方式を提案し, シミュレーションにより, その省電力効果と負荷分散効果を明らかにする. 
(英) With the rapid growth of Internet networking infrastructure, deploying energy-efficient networking technology is an urgent matter. In particular, wireless LAN, widely prevalent due to its ease of deployment and low cost of installation, is also required to be energy efficient. Along this purpose, R & D activities for Radio-On-Demand-Networks (ROD) have been proposed. In ROD networks, Access Points have been equipped with wake-up receivers, switching their status to sleep mode depending on traffic distribution in the network. In this paper, a station aggregation scheme in ROD networks targeting multiple stations is proposed. In this scheme, Access Pointscooperate with each other and aggregate their stations depending on their utilization. Simulation results show the
scheme effectiveness in terms of load balancing and power savings in ROD networks.
キーワード (和) 無線LAN / 省電力 / Redio-On-Demand Networks / 帰属集約 / 負荷分散 / / /  
(英) Wireless LAN / Power Saving / Radio-On-Demand Networks / Association Management / Load Balancing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-264, pp. 481-486, 2012年3月.
資料番号 NS2011-264 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 省電力無線LANにおける複数端末の帰属先変更手順の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies on Multi-Station Aggregation Scheme for Radio-On-Demand Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 省電力 / Power Saving  
キーワード(3)(和/英) Redio-On-Demand Networks / Radio-On-Demand Networks  
キーワード(4)(和/英) 帰属集約 / Association Management  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / Load Balancing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊副 和美 / Kazumi Kumazoe / クマゾエ カズミ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 憲一 / Kenichi Abe / アベ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NCOS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-264 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.481-486 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会