電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:20
レイヤ2ネットワークを考慮した高速IP障害切替方式
小川裕二川手竜介堀内栄一横谷哲也三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 公共分野で使用される監視制御ネットワークは,IP(Internet Protocol)カメラによる映像監視を行うため,IP ルータとイーサネット技術を用いたレイヤ2 ネットワークで構成されている.監視制御ネットワークでは,安定してリアルタイム映像監視を行うために高い信頼性が必要である.高信頼性を実現するため,レイヤ2ネットワークでは,ITU-T で規格化されたイーサネット冗長化技術ERP(Ethernet Ring Protection)の適用が見込まれる.
監視制御ネットワークにおいてIP ルータに障害が発生した場合,タイマベースによりルータ障害を検出するため秒単位の時間を要し,レイヤ3 経路切替時間が大きいという問題があった.この問題を解決するため,IETF ではIP ルータが常に互いの正常性を制御パケットで確認することで,ルータの障害をミリ秒単位で検出するBFD(Bidirectional Forwarding Detection)が標準化された.しかし,BFD 制御フレームとは別に,ERP もEther OAM 制御フレームによりルータ障害を監視しており,監視制御ネットワークがルータ障害検出のために使用する帯域が重複するという課題があった.本稿では,これらの課題を解決するため,ネットワークトポロジ情報及びERP による障害検出のみを用いたレイヤ3 経路切替方式について提案する. 
(英) Monitoring Control Network for public services consists of IP(Internet Protocol)routers and Layer-2 Networks with Ethernet to monitor by visual recon of IP camera. Monitoring Control Network needs High Availability for stable real-time monitoring. For High Availability, it is estimated that the usage of ERP(Ethernet Ring Protection) which is standardized as Ethernet redundancy technology by ITU-T for Layer-2 Networks.
When one IP Router has failure in the Monitoring Control Network, IP Rerouting takes a long time on the second order because of detection by timer. To solve this problem, BFD(Bidirectional Forwarding Detection)which detects IP Router’s failure on the millisecond order by sending or receiving BFD Control Packets is standardized by IETF. But ERP uses other control frame(EtherOAM Continuity Check Frame), therefore it is problem that whole Monitoring Control Network needs overlap control frames for the monitoring of IP Router’s failure. In this report, we propose Layer-3 rerouting method with Network Topology Information and only control frame of ERP.
キーワード (和) 監視制御ネットワーク / IP / ERP / BFD / 障害切り替え / / /  
(英) Monitoring Control Network / IP / ERP / BFD / Rerouting / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイヤ2ネットワークを考慮した高速IP障害切替方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) IP Fast Rerouting Method on the basis of Layer-2 Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 監視制御ネットワーク / Monitoring Control Network  
キーワード(2)(和/英) IP / IP  
キーワード(3)(和/英) ERP / ERP  
キーワード(4)(和/英) BFD / BFD  
キーワード(5)(和/英) 障害切り替え / Rerouting  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 裕二 / Yuji Ogawa / オガワ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MitsubishiElectric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川手 竜介 / Ryusuke Kawate / カワテ リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MitsubishiElectric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 栄一 / Eiichi Horiuchi / ホリウチ エイイチ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MitsubishiElectric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横谷 哲也 / Tetsuya Yokotani / ヨコタニ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MitsubishiElectric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会