電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:50
無線環境下における高速TCP間の公平性評価
三原大輝吉新陽介林 佑樹山本 幹関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,広帯域・高遅延のネットワークにおいても高いリンク利用率の得ることができる輻輳制御として様々な高速輻輳制御が提案されている.これらの高速輻輳制御は既にMicrosoft のOS であるWindows やLinuxOSに実装されており,現在のインターネット上でも利用されている.その中でも,WindowsではCompound TCP(CTCP)が,LinuxではCUBICがそれぞれデフォルトの輻輳制御として実装されている.CTCPはロスベースと遅延ベースの複合型輻輳制御であり,CUBICはロスベースの輻輳制御である.そのため,これら2つの方式が有線環境下で混在した場合,CUBICがCTCPの遅延ベースの輻輳制御を圧迫し,公平性が著しく低下する.また近年,無線通信技術の発達により無線環境においても帯域遅延積の大きなネットワークが出現し,CUBICやCTCPのような高速輻輳制御を用いることが有効であることが予想される.そこで本研究では,無線環境下におけるCTCPとCUBICのような高速輻輳制御間の公平性に関する評価を行い,その特性について検討を行う. 
(英) Among various TCP congestion controls proposed for high delay-bandwidth networks thus far, CUBIC and Compound TCP have been implemented as default congestion control in Linux and Microsoft Windows OS, respectively. CUBIC is loss-based high speed congestion control. Compound TCP is constructed with NewReno TCP and delay-based high speed congestion control. Our previous work showed that throughput Compound TCP is seriously suppressed by CUBIC in high delay-bandwidth wired network environment. In wireless network, these two types of TCPs are also used as default congestion control and expected to fairly share bottleneck link because these two types of TCPs operate in low delay-bandwidth environment. However, with deployment of IEEE 802.11n and LTE, high delay-bandwidth environment is also emerging even in wireless environment. And, in wireless environment, packet loss caused by fading and handover is well known to degrade TCP performance. In this paper, we evaluate fairness issue of CUBIC and Compound TCP in high-speed wireless networks. And we show that unfair condition between these two types of TCPs is relieved in wireless environment because of wireless caused packet loss.
キーワード (和) CUBIC / Compound TCP / 無線ネットワーク / 輻輳制御 / / / /  
(英) CUBIC / Compound TCP / Wireless Network / Congestion Control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-235, pp. 313-318, 2012年3月.
資料番号 NS2011-235 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線環境下における高速TCP間の公平性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Fairness between High-speed TCPs in Wireless Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CUBIC / CUBIC  
キーワード(2)(和/英) Compound TCP / Compound TCP  
キーワード(3)(和/英) 無線ネットワーク / Wireless Network  
キーワード(4)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三原 大輝 / Hiroki Mihara / ミハラ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉新 陽介 / Yosuke Yoshiara / ヨシアラ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佑樹 / Yuki Hayashi / ハヤシ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-235 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.313-318 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会