電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:50
多様な検索と負荷分散を両立するための仮想ノード割り当て方法
近藤 悟金子雅志福元 健上田清志NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,様々な用途において普及している分散DBでは,スケーラビリティや耐障害性の観点から階層化TabletやConsistent Hashingによる分散アルゴリズムが採用されている.特にConsistent Hashingは1hopでデータにアクセス可能であるため,リアルタイム性が要求される通信処理に対しても適用が研究されている.通信処理においては,各処理が低負荷にすることが必要であるが,本手法では範囲検索や条件検索を実施する場合に全件検索が必要であり,検索時間が膨大になるだけでなくシステムにかかる負荷も大きいという問題があった.これに対し,Hash関数に連続性を持たせるという解法も考えられるが,半面,振り分けの均等分散性が失われてしまうという問題があった.この問題に対し,これまで我々は仮想ノードを適用することで,均等性を確保する方式を提案してきたが,検索結果が特定のデータに偏るケースにおいて,充分に仮想ノードが配置されずに均等性の確保ができないという問題が残っていた.そこで本研究では,この仮想ノードの割り当てをアクセス頻度に応じて適切に行うことで,如何なるアクセス分布の場合でも均等性を確保し得る手法の提案を行う. 
(英) Recently, distributed DBs that is spreading in various fields use Multi-staged Tablet algorithm or Consistent Hashing algorithm to increase scalability or fault tolerance. Especially, since Consistent Hashing can access data by 1 hop, this algorithm is studied in the communications area that requires real-time processing. However, Consistent Hashing algorithm is weak about complex retrieval other than single key retrieval. When we try to acquire range data set in maintenance, there was problem that the time for range retrieval is very long and the load of the system is also heavy. To solve this problem, some distributed DBs use successive hash function. However, this solution causes worse load balancing than usual hash function such as MD5. To improve cluster’s load balancing, we proposed the method that introduces virtual nodes in Consistent Hashing. However, when access frequency concentrates in narrow region, virtual nodes can’t be arranged there fully. As a result, load balancing can’t be improved. So, in this research, we propose the method that can arrange virtual nodes by adopting access frequency. And this method can improve the load balancing even if any access distribution is given.
キーワード (和) コンシステントハッシュ法 / 範囲検索 / 仮想ノード / アクセス頻度 / / / /  
(英) Consistent Hashing / Range Query / Virtual Nodes / Access Frequency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-270, pp. 517-522, 2012年3月.
資料番号 NS2011-270 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多様な検索と負荷分散を両立するための仮想ノード割り当て方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arrangement of Virtual Nodes on Consistent Hashing for Various Retrieval and Load balancing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンシステントハッシュ法 / Consistent Hashing  
キーワード(2)(和/英) 範囲検索 / Range Query  
キーワード(3)(和/英) 仮想ノード / Virtual Nodes  
キーワード(4)(和/英) アクセス頻度 / Access Frequency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 悟 / Satoshi Kondoh / コンドウ サトシ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 雅志 / Masashi Kaneko / カネコ マサシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 健 / Takeshi Fukumoto / フクモト タケシ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-270 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.517-522 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会