電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:50
Aggregated MulticastにおけるShared-Tree選択手法
関根裕亮竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルチキャスト通信におけるルーチングテーブル削減手法として,複数のマルチキャストセッションを一つのShared-Treeに集約するAggregated Multicastが提案されている.Aggregated MulticastにおけるShared-Tree選択手法として,STA方式が提案されている.この方式では,マルチキャストセッションのすべての宛先ノードを含むShared-Tree群から最小のShared-Treeを選択する.このため,マルチキャストセッションの宛先ノード以外のノードにもデータが転送され,ネットワーク負荷が増大する.
本稿では,Shared-Treeへ宛先ノードを接ぎ木することにより,マルチキャストセッションより小さなShared-Treeを用いることを可能とする.これにより,Shared-Treeの調査範囲を拡大するとともに,マルチキャストセッションの宛先ノードとの重複度が最大のShared-Treeを用いることにより,マルチキャストセッションの宛先ノード以外のノードへのデータ転送を減少させる方式を提案する.また,性能評価により提案方式の有効性を示す. 
(英) Aggregated multicast methods have been proposed in order to reduce the size of routing tables in routers for multicast communications, where plural multicast sessions share some single multicast tree called Shared-Tree.STA (Scalable-Tree-Aggregation) method has been proposed as a Shared-Tree selection method, where a minimum Shared-Tree has been selected among Shared-Trees which contain all destination nodes of a multicast session.In the STA method, the selected Shared-Tree sometimes contains unnecessary nodes for the multicast session and causes the unnecessary traffic load.
In this paper, we use smaller Shared-Trees compared with the multicast session by grafting some destination nodes to the Shared-Trees.By this grafting method, we can expand search range of Shared-Trees and select a Shared-Tree, destination nodes of which correspond to them of the multicast session as much as possible.We implement this selection method using the overlapping degree of destination nodes and reduce unnecessary traffic load.We also evaluate our selection method by simulation experiments and show the effectiveness of our proposed method.
キーワード (和) Aggregated Multicast / Shared-Tree / 宛先ノード / 接ぎ木 / 重複度 / / /  
(英) Aggregated Multicast / Shared-Tree / destination node / grafting / overlapping degree / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-227, pp. 271-274, 2012年3月.
資料番号 NS2011-227 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Aggregated MulticastにおけるShared-Tree選択手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shared-Tree Selection Method for Aggregated Multicasts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Aggregated Multicast / Aggregated Multicast  
キーワード(2)(和/英) Shared-Tree / Shared-Tree  
キーワード(3)(和/英) 宛先ノード / destination node  
キーワード(4)(和/英) 接ぎ木 / grafting  
キーワード(5)(和/英) 重複度 / overlapping degree  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 裕亮 / Yusuke Sekine / セキネ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka /
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-227 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.271-274 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会