電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:15
Mixed Trigonometric Interpolation Techniques for Fast and Stable Algebraic Phase Unwrapping
Daichi KitaharaIsao YamadaTokyo Inst. of Tech.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) The algebraic phase unwrapping was established in 1998 as a rigorous symbolic algebraic solution to the phase unwrapping problem, i.e., the problem of computing the continuous phase function of a given complex polynomial. In this paper, we propose a simple but a powerful numerical stabilization technique named {\it the mixed trigonometric interpolation} for the algebraic phase unwrapping. This technique is based on replacing a certain set of arithmetic operations in polynomial ring by an interpolation of a certain mixed trigonometric function. By this technique we can obtain numerical stable approximation of {\it general Sturm sequence} without suffering the coefficient growth. Moreover, by combining {\it the mixed trigonometric interpolation} with FFT, we succeeded in making {\it the mixed trigonometric interpolation} faster and more stable. The proposed techniques allow us to solve phase unwrapping problem along the unit circle stably even if the degree of a given polynomial is very large. 
(英) The algebraic phase unwrapping was established in 1998 as a rigorous symbolic algebraic solution to the phase unwrapping problem, i.e., the problem of computing the continuous phase function of a given complex polynomial. In this paper, we propose a simple but a powerful numerical stabilization technique named {\it the mixed trigonometric interpolation} for the algebraic phase unwrapping. This technique is based on replacing a certain set of arithmetic operations in polynomial ring by an interpolation of a certain mixed trigonometric function. By this technique we can obtain numerical stable approximation of {\it general Sturm sequence} without suffering the coefficient growth. Moreover, by combining {\it the mixed trigonometric interpolation} with FFT, we succeeded in making {\it the mixed trigonometric interpolation} faster and more stable. The proposed techniques allow us to solve phase unwrapping problem along the unit circle stably even if the degree of a given polynomial is very large.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Algebraic phase unwrapping / Numerical stabilization / Coefficient growth / General Sturm sequence / Mixed trigonometric interpolation / FFT / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 466, SIP2011-181, pp. 303-307, 2012年3月.
資料番号 SIP2011-181 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mixed Trigonometric Interpolation Techniques for Fast and Stable Algebraic Phase Unwrapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Algebraic phase unwrapping  
キーワード(2)(和/英) / Numerical stabilization  
キーワード(3)(和/英) / Coefficient growth  
キーワード(4)(和/英) / General Sturm sequence  
キーワード(5)(和/英) / Mixed trigonometric interpolation  
キーワード(6)(和/英) / FFT  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 大地 / Daichi Kitahara / キタハラ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 功 / Isao Yamada / ヤマダ イサオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2011-161,IEICE-SIP2011-181,IEICE-CS2011-153 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.303-307 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会