電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:00
自律的な領域分割を行うゾーンベースアントルーチング手法の提案と評価
久世尚美若宮直紀村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークのさらなる大規模化,複雑化によって顕在化する様々な問題に対応できる新たなネットワークシステムを構築するため,生物などにみられる自己組織化の仕組みを応用する手法が注目を集めている.自己組織型のネットワーク制御技術は,拡張性,頑健性,適応性があることが示されているが,一方で,環境条件によっては局所解に陥る,収束性が低下する場合があることから,近年,制御された自己組織化の研究が行われるようになってきた.本研究では,アリの採餌行動に着想を得た経路制御手法AntNetを題材に,大域情報を用いることなく探索領域を狭めることで,経路全体の収束時間を短縮する手法を提案している.シミュレーション評価により,探索範囲を制限することで自己組織化が促進され,収束性が向上するとともに,より短い経路が得られることを示した. 
(英) To tackle problems emerging with rapid growth of information networks in scale and complexity, bio-inspired self-organization is considered one of promising design principles of a new generation network which is scalable, robust, adaptive, and sustainable. However, self-organizing systems would fall into local optimum or never converge under some environmental conditions. Controlled or guided self-organization is a novel concept attracting many researchers in these years, where loose and moderate control is imposed on a self-organizing system to push it toward a desired state. In this paper, we take AntNet, an ant-based routing protocol, as an example and consider a mechanism to accelerate convergence by limiting the search space. Controlled self-organization can accelerate convergence to a shorter path than AntNet.
キーワード (和) 自己組織化 / Ant Colony Optimization(ACO) / ゾーンベースルーティング / 収束性 / / / /  
(英) self-organization / Ant Colony Optimization(ACO) / zone-base routing / convergence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-196, pp. 353-358, 2012年3月.
資料番号 IN2011-196 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律的な領域分割を行うゾーンベースアントルーチング手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of AntNet Routing Mechanism with Autonomous Zoning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化 / self-organization  
キーワード(2)(和/英) Ant Colony Optimization(ACO) / Ant Colony Optimization(ACO)  
キーワード(3)(和/英) ゾーンベースルーティング / zone-base routing  
キーワード(4)(和/英) 収束性 / convergence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 尚美 / Naomi Kuze / クゼ ナオミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 直紀 / Naoki Wakamiya / ワカミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-196 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.353-358 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会