電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:55
位置情報を含むライフログの可視化サービス開発支援フレームワーク
高橋昂平下條 彰柗本真佑中村匡秀神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,地図を用いたライフログサービスを容易に開発するためのアプリケーションフレームワーク{\bf MashMapフレームワーク}を提案する.提案フレームワークでは,様々な形式の位置情報付きライフログを標準データモデル(LLCDM形式)に変換してDBに蓄積する.開発者は,必要なデータをDBから選別するためのフィルタと,そのデータの表示方法を作成して,データソースを定義する.次に,データソースを一つあるいは複数選択して,MashMapを作成する.MashMapとは,データソースを指定された表示方法で同一地図上に重ねて表示(マッシュアップ)するオブジェクトである.MashMapは最終的に MashMapRendererによってGoogle Map上に可視化される.ケーススタディとして,旅行ログ振り返りサービスと研究会開催地マップを作成し,提案手法の有効性を示す. 
(英) This paper presents an application framework, called {\em MashMap framework}, which facilitates development of location-based lifelog services. The proposed framework imports various types of location log data, and stores them in a database with the Life Log Common Data Model (LLCDM). A developer first creates a data source consisting of a filter and a display format. The filter extracts necessary data from the database, while the display format defines how the data is shown on the map. The developer then defines a MashMap by choosing a single or multiple data sources. The MashMap is an object, which aggregates several data sources on a single map, shown in the designated display format. The object is finally visualized on a Google Map by MashMap renderer. We conduct a case study developing a travel log review service and a conference history map using MashMap framework.
キーワード (和) ライフログ / マッシュアップ / 位置情報 / API / フレームワーク / 地図作成 / /  
(英) lifelog / mashup / location data / API / framework / map creation / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 470, LOIS2011-103, pp. 183-188, 2012年3月.
資料番号 LOIS2011-103 
発行日 2012-03-01 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 名桜大学 
開催地(英) Meio Univ. 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2012-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位置情報を含むライフログの可視化サービス開発支援フレームワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Application Framework for Developing Visualization Services of Location based Lifelog 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフログ / lifelog  
キーワード(2)(和/英) マッシュアップ / mashup  
キーワード(3)(和/英) 位置情報 / location data  
キーワード(4)(和/英) API / API  
キーワード(5)(和/英) フレームワーク / framework  
キーワード(6)(和/英) 地図作成 / map creation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 昂平 / Kohei Takahashi / タカハシ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 下條 彰 / Akira Shimojo / シモジョウ アキラ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柗本 真佑 / Shinsuke Matsumoto / マツモト シンスケ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2011-103 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会