電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 14:10
単位サイズ当りの人気度を考慮したコンテンツ複製配置法が及ぼす伝送遅延への影響
小原遼平東工大)・菅原真司名工大)・山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,動画・アプリケーションといったコンテンツの配信サービスが普及し,その利用ユーザへの迅速なコンテンツ配信が重要な課題となっている.これに対し我々は,ストレージ容量が有限なコンテンツ配信サーバネットワークにおける,配信時伝搬遅延低減を目的とした,コンテンツの単位ファイルサイズ当りの人気度を考慮した複製配置法を,これまでに提案している.
一方,大容量コンテンツの配信には,配信時に発生する伝送遅延がユーザのコンテンツ取得所要時間に影響を及ぼすため,迅速な配信の実現には,配信時伝送遅延の考慮が必要である.
そこで本研究では,コンテンツ配信時の通信に高信頼伝送制御プロトコルの利用を仮定し,配信サーバ・ユーザ間ラウンドトリップ時間により,配信時伝送速度が制限される場合における,単位ファイルサイズあたりの人気度を考慮した複製配置法が配信時伝送遅延へ及ぼす影響を評価した.その結果,提案方式が,高人気度及び大容量コンテンツの優先複製配置方式に比べ,コンテンツ人気度の偏り及びネットワークトポロジに依らずより高い性能を示し,また,ファイルサイズ分布に偏りが生じる場合においても,提案方式がより有効であることを明らかにした. 
(英) On general content delivery networks, replica allocation is effective in reducing propagation delay when users obtain contents. We proposed a content replication algorithm that considers the popularity per file size of content.
On the other hand, delivering large-sized contents causes large transmission delay. Thus, replication algorithms should consider transmission delay to reduce download time for obtaining contents by users.
In this paper, we assume that contents are delivered under reliable transmission control protocols. In this case, round trip time dominates content transmission rate between a server that deliver a requested content and a user that requests the content.
Under this assumption, the effect of proposed method on transmission delay is evaluated, and proposed method provides better performance than a method that preferentially replicates popular and large-sized contents in large-scale simulation conditions.
キーワード (和) コンテンツ配信 / コンテンツ複製配置 / ファイル型コンテンツ / 高信頼伝送制御 / 伝搬遅延 / 伝送遅延 / コンテンツ人気度 / ファイルサイズ分布  
(英) Content Delivery / Content Replication / File Format Content / Reliable Transmission Control / Propagation Delay / Transmission Delay / Popularity of Contents / Distribution of File Size  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-194, pp. 341-346, 2012年3月.
資料番号 IN2011-194 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単位サイズ当りの人気度を考慮したコンテンツ複製配置法が及ぼす伝送遅延への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Content Replication Algorithm Considering Popularity per File Size on Transmission Delay 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ配信 / Content Delivery  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ複製配置 / Content Replication  
キーワード(3)(和/英) ファイル型コンテンツ / File Format Content  
キーワード(4)(和/英) 高信頼伝送制御 / Reliable Transmission Control  
キーワード(5)(和/英) 伝搬遅延 / Propagation Delay  
キーワード(6)(和/英) 伝送遅延 / Transmission Delay  
キーワード(7)(和/英) コンテンツ人気度 / Popularity of Contents  
キーワード(8)(和/英) ファイルサイズ分布 / Distribution of File Size  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 遼平 / Ryohei Obara / オバラ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 真司 / Shinji Sugawara / スガワラ シンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-194 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.341-346 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会