電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:30
マルチエージェントシミュレーションを用いた地域通貨発生の再現
伊藤 尚前田義信林 豊彦新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,複数の通貨が創発し同時に流通する現象を再現するマルチエージェントシミュレーションモデルを提案する.
提案モデルは,安冨の通貨創発モデルに相互扶助活動と経済的不況を表現するルールを導入したものである.
これを用いてシミュレーションを行った結果,先行して流通していた通貨に加えて新たな通貨が創発し,複数の通貨が同時に流通する現象を観察することができた.
また本研究で創発した新しい通貨は,相互扶助的活動のような先行通貨の交換価値を減少させる作用と経済的不況のような先行通貨の流通を阻害する作用とが同時に起こることで
創発することが示された.
これにより,地域通貨等が法定通貨と並行して流通するための条件に知見を与えることが期待される. 
(英) In this study, we propose a multi-agent simulation model which reproduces the phenomenon which multi currency emerge and circulate through a community.
The proposed model is a model which is added two rules, reciprocal help activity and economic depression, to Yasutomi's model.
As a result, we showed that new money emerges in the situation which the traditional money has already circulated through the community,
and it circulates simultaneously with the traditional money.
Furthermore, it was showed that the new money should emerge depending on both factors, i.e., the reciprocal help activity and economic depression.
This will provide insight about the emergence and circulation of the local money.
キーワード (和) 地域通貨 / マルチエージェントシミュレーション / 安冨モデル / / / / /  
(英) local money / multi-agent simulation / Yasutomi's model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 465, CAS2011-142, pp. 195-200, 2012年3月.
資料番号 CAS2011-142 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチエージェントシミュレーションを用いた地域通貨発生の再現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reproduction of emergence of local money using multi-agent simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地域通貨 / local money  
キーワード(2)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / multi-agent simulation  
キーワード(3)(和/英) 安冨モデル / Yasutomi's model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 尚 / Nao Ito / イトウ ナオ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 豊彦 / Toyohiko Hayashi / ハヤシ トヨヒコ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-142,IEICE-SIP2011-162,IEICE-CS2011-134 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.195-200 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会