電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 14:10
複数M2Mシステムのリアルタイムな連携を可能とする分散データ交換基盤
上野 仁富士通)・的場一峰富士通研)・阿比留健一富士通
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,モノの状態やヒトの行動データを解析し,付加価値のある情報(ユーザの嗜好に応じたお勧め商品の情報など)を提供する行動解析技術が広がりつつある.また,多数のセンサからの情報収集やデバイスの制御を可能にするM2Mシステムが注目され,様々な分野での適用が始まっている.これらの技術の進化をベースに,複数のM2Mシステムと行動解析技術を連携させ,我々の生活やビジネスに対し,より価値ある情報を得ようとする試みが始まっている.
しかしながら,現在のM2Mシステムは個別最適に作られていること,またデータ量がこれまで以上に増えることから,簡単に連携させることは難しい.
そこで我々は,これらの問題の解決を狙いとした分散データ交換基盤の開発を進めている.本稿は,分散データ交換基盤を流れるデータに対し,リソースの消費を抑えつつデータへのアクセスにかかる応答時間の短縮を可能とするデータ最適配備方式の提案と,シミュレーションによる評価結果を報告する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) インネットワークサービス基盤 / キャッシュ / 分散データ交換 / M2M / センサネットワーク / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-271, pp. 523-528, 2012年3月.
資料番号 NS2011-271 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数M2Mシステムのリアルタイムな連携を可能とする分散データ交換基盤 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed Data Exchange Service Platform for M2M Systems Interworking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インネットワークサービス基盤 /  
キーワード(2)(和/英) キャッシュ /  
キーワード(3)(和/英) 分散データ交換 /  
キーワード(4)(和/英) M2M /  
キーワード(5)(和/英) センサネットワーク /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 仁 / Hitoshi Ueno / ウエノ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 的場 一峰 / Kazumine Matoba / マトバ カズミネ
第2著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿比留 健一 / Kenichi Abiru / アビル ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-271 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.523-528 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会