電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 14:30
グラフ処理系を用いた分散システムの大規模シミュレーション
華井雅俊首藤一幸東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模分散システムの研究にはシミュレータが欠かすことができない.実際に 100 万から 1000 万台規模
の分散システムが稼働しており,研究のためには同規模の実験が必要となっている.しかし、既存の分散システムシミュレータは 10 万ノード規模の実験しかできていない. そこで我々は分散グラフ処理系を用いた分散システムの大規模シミュレーションの方法を提案する. 分散グラフ処理系を用いることで高いスケーラビリティが期待でき,盛んな研究開発の成果を享受可能となる.また, シミュレータが扱うデータ構造と分散グラフ処理系が扱うデータ構造が同じであるため,実装の容易さ, パフォーマンスなどの面で有利であると予想できる. 
(英) Distributed systems research requires a supporting simulator. Now, there are distributed systems with a scale of from millions to ten millions. To research these distributed systems we need experiment environment with the same scale. But now there are only simulators which simulate a hundred thousands nodes.We propose a method to develop a large-scale simulator with a distributed graph processing system. Such general-purpose systems provide high scalability and maturity due to their active research and development. Because data structure of the simulator is the same as the distributed graph processing, we expect that the distributed graph processing is better for performance and easier to use.
キーワード (和) シミュレーション / グラフ処理 / 分散システム / / / / /  
(英) Simulation / graph processing / distributed system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-272, pp. 529-534, 2012年3月.
資料番号 NS2011-272 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフ処理系を用いた分散システムの大規模シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation of Large-Scale Distributed Systems with a Distributed Graph Processing System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(2)(和/英) グラフ処理 / graph processing  
キーワード(3)(和/英) 分散システム / distributed system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 華井 雅俊 / Masatoshi Hanai / ハナイ マサトシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 一幸 / Kazuyuki Shudo / シュドウ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-272 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.529-534 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会