電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:50
省電力経路制御におけるトポロジ情報を利用した削減対象リンク選択方式
岩村幸歩九工大)・田村 瞳福岡工大)・川原憲治尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インターネットの普及拡大に伴う設置ネットワーク機器の増加により,ネットワークの省電力化は重要な課題である.その方法として,各送信ノードからの転送経路が複数存在し,最短経路中に利用率の低いリンクまたはルータが存在する場合,該当箇所を迂回して他経路を利用することにより低帯域化もしくは遮断することが有効である.しかしネットワークにおけるトラヒックの発生状態は動的に変化するため,該当リンク/ルータの特定は困難である.そのためトポロジ構造から一意に特定できることが望ましい.
そこで本研究では,全ノード間の通信を仮定した論理フロー数である多重度を全ノードペア数で正規化した値を重要度と定義し,重要度の低いリンクから遮断
対象とする方式を提案する.まず,各種トポロジにおけるリンク削減率の上限を明らかにし,転送トラヒック量がリンク削減率やパケットロス率に及ぼす影響について調査する.さらに,各ルータが局所的に取得できる情報をもとに自律的,かつ動的に対象リンクの設定・解除を行う省電力制御のための基本方針について明らかにする. 
(英) In recent years, due to the rapidly grows of the Internet, Network Greening is the important issue. When
there are multiple transmission paths between some source and destination nodes and some of links/routers on the
minimum hop path is relatively low utilized, it would be effective for energy saving of these links/routers to cut off
them and traffic is transmitted on the other path. However, it is difficult to determine these links/routers in advance
since the amount of traffic on each link dynamically changes, so that it is desirable that they are fixed based on the
topology information. Thus, in this paper, by defining ”link betweeness centrality” that is a normalized number of
flows if all nodes logically transmits traffic to any other nodes in the network, we propose the determination scheme
in accordance with link betweeness centrality. We first show the upper limit of the link reduction rate as energy
saving performance in some topologies and investigate the impact of the amount of network traffic on the tradeoff
between the link reduction rate and packet loss probability. Moreover, we discuss the control policy of this scheme
to autonomously and dynamically cut off/release some links depending on their utilization.
キーワード (和) 省電力経路制御 / ST (Steiner Tree) / 経路集約 / 多重度/重要度 / / / /  
(英) Network Greening / ST (Steiner Tree) / Route aggregation / Multiplicity/Importance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-177, pp. 241-246, 2012年3月.
資料番号 IN2011-177 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 省電力経路制御におけるトポロジ情報を利用した削減対象リンク選択方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Selection Scheme of Cut off Links with considering Topology Information for Network Greening 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力経路制御 / Network Greening  
キーワード(2)(和/英) ST (Steiner Tree) / ST (Steiner Tree)  
キーワード(3)(和/英) 経路集約 / Route aggregation  
キーワード(4)(和/英) 多重度/重要度 / Multiplicity/Importance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 幸歩 / Sachiho Iwamura / イワムラ サチホ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-177 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.241-246 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会