電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 14:30
Automatic Originator Regulation of IMS Voice Traffic by Stateless Signaling Prioritization
Wei ZhuAhmad Kamil Abdul HamidMasahiko MizutaniManabu IsomuraYoshihiro KawaharaTohru AsamiUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In emergent situations such as an earthquake, huge voice traffic pours into IMS network caused by tremendous requests and leads to congestion. To protect IP Multimedia Subsystem (IMS) network, telecom companies usually take a measure of originator regulation on voice call. This paper provides an automatic originator regulation of IMS voice traffic by stateless signal prioritization based on the types, order and retransmissions of SIP messages within each call session. The simulation result shows the maximum throughput is kept even in an extremely congested situation with the 60 times larger offered load than usual which was observed in the 2011 earthquake of the Pacific coast of Tohoku.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) IP Multimedia Subsystem / Session Initiation Protocol / originator regulation / communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-195, pp. 347-352, 2012年3月.
資料番号 IN2011-195 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Originator Regulation of IMS Voice Traffic by Stateless Signaling Prioritization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / IP Multimedia Subsystem  
キーワード(2)(和/英) / Session Initiation Protocol  
キーワード(3)(和/英) / originator regulation  
キーワード(4)(和/英) / communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Wei Zhu / Wei Zhu / シュ イ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Ahmad Kamil Abdul Hamid / Ahmad Kamil Abdul Hamid / Ahmad Kamil Abdul Hamid
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 昌彦 / Masahiko Mizutani / ミズタニ マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯村 学 / Manabu Isomura / イソムラ マナブ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara / カワハラ ヨシヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 徹 / Tohru Asami / アサミ トオル
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-195 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.347-352 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会