電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:00
クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒックエンジニアリングの統合制御の有効性評価
市原裕史小泉佑揮大崎博之阪大)・波戸邦夫村山純一NTT)・今瀬 真阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) クラウドコンピューティング環境において、データセンター間で仮想計算機を移動させるライブマイグレーションが考えられている。さらに、このライブマイグレーションを応用してサービスの通信品質を向上させる制御が考えられている。一方で、データセンター間を接続するネットワークではトラヒックエンジニアリングが実施されている。これら2つの制御は独立に設計、運用されている。ライブマイグレーションとトラヒックエンジニアリングを統合的に制御することで、独立に運用した場合よりも良い性能を実現できる可能性があるが、今まで統合制御の効果について明らかにされていない。そこで、本稿では、ライブマイグレーションとトラヒックエンジニアリングの統合制御の有効性を調査する。制御目的の1つの例としてリンクの輻輳遅延を採用し、統合制御を混合整数計画法にもとづいて定式化した。シミュレーションにより、インターネット2バックボーントポロジーで評価した場合は、統合制御が独立制御に比べて最大で24%遅延を小さくでき、約1.3倍のトラヒックを収容できることを示した。 
(英) Virtual machine live migration, which migrate a virtual machine between data centers, is studied as a way to improve quality of services hosted on cloud. On the other hand, traffic engineering is performed on networks that connect between data centers. These two control approches are originally designed and operated individually. Though it is intuitive that performing both virtual machine live migration and traffic engineering integratedly outperforms performing each control individually, effects of integrated control on cloud computing and networks is still unclear. Therefore, we investigate effects of integrated control in this paper. We formulate integrated control based on mixed integer programming with average link delay as one example of objective functions. Through simulation experiments, we show that integrated control achieves at most 24% smaller delay and accommodates 1.3 times more traffic than individual control in the case of the Internet2 backbone topolpogy.
キーワード (和) クラウド / ライブマイグレーション / トラヒックエンジニアリング / 混合整数計画法 / / / /  
(英) Cloud / Live Migration / Traffic Engineering / Mixed Integer Programming / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-172, pp. 211-216, 2012年3月.
資料番号 IN2011-172 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウド環境におけるライブマイグレーションとトラヒックエンジニアリングの統合制御の有効性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Evaluation of Integrated Control of Live Migration and Traffic Engineering in Cloud Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウド / Cloud  
キーワード(2)(和/英) ライブマイグレーション / Live Migration  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(4)(和/英) 混合整数計画法 / Mixed Integer Programming  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市原 裕史 / Hirofumi Ichihara / イチハラ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 波戸 邦夫 / Kunio Hato / ハト クニオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 純一 / Junichi Murayama / ムラヤマ ジュンイチ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 今瀬 真 / Makoto Imase / イマセ マコト
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-172 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.211-216 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会