電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 10:30
大規模なマルチレイヤネットワーク設計問題における計算時間の高速化手法
見越大樹竹中豊文日大)・杉山隆太増田暁生塩本公平平松 淳NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光パスレベルのネットワークとIPトラヒックレベルのネットワークからなるマルチレイヤネットワークの最適化を,線形計画問題を解くことで行い,ネットワーク資源の有効利用を図る研究が行われている.しかし,ネットワーク規模が増大するに従い,線形計画問題の変数が膨大になり,現実的な時間で線形計画問題を解くことが不可能となる.
この問題に対処するため,従来の近似解析手法では,光パスレベルの変数削減を行うとともに,線形計画問題を小さな部分問題に分割し,部分問題を繰返し解くことで,近似解を求めている.しかし,この近似解析手法では,最適解との誤差が大きくなる問題がある.本稿では,波長レイヤとIPレイヤの両レイヤで,ホップ数の大きな経路を最適化の候補から除外することで,変数を削減する手法を提案し,数値計算実験により提案方式の有効性を示す. 
(英) Multi-layer network optimization has been studied for efficient use of network resources by solving linear programming problem. Here, the multi-layer network consists of lambda-layer network and IP-layer network,
However, when applying this LP problem for a large-scale network with a few hundred nodes, huge amount of variables are used and cannot be handled by middle size computers.
In order to cope with this problem, some heuristic methods have been proposed and evaluated from a viewpoint of accuracy for their computation results.
These heuristic methods reduce variables at lambda layer and also decompose the original LP problem into smaller sub-problems and induce an approximate solution by solving these smaller LP problems.
However, these heuristic methods cannot obtain enough accurate results in many cases.
In this paper, we propose a novel variable reduction method at both lambda and IP-layer by excluding long hops routs. We evaluate our proposed method and the conventional methods and show the availability of our method.
キーワード (和) 線形計画問題 / マルチレイヤネットワーク設計 / / / / / /  
(英) Linear Programming / Multi-Layer Network Design / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-221, pp. 237-242, 2012年3月.
資料番号 NS2011-221 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模なマルチレイヤネットワーク設計問題における計算時間の高速化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Speed Calculation Method for Large Scale Multi-Layer Network Design Problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 線形計画問題 / Linear Programming  
キーワード(2)(和/英) マルチレイヤネットワーク設計 / Multi-Layer Network Design  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆太 / Ryuta Sugiyama / スギヤマ リュウタ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 暁生 / Akeo Masuda / マスダ アケオ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 淳 / Atsushi Hiramatsu / ヒラマツ アツシ
第6著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-221 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会