電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 10:10
工場内騒音のためのアクティブノイズコントロールシステムの検討
鐵 寛文梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 工場内では製造機器から90dB 以上の騒音が発生しており,作業者間の会話を妨げるだけでなく,騒音暴露による作業者へのストレス増大を招くことが問題視されている.そこで,我々は工場内騒音の低減を目的としたアクティブノイズコントロール(ANC)システムの実現に向けた研究を行っている.工場内騒音に対してはフィードフォワード型ANC システムにおいて参照信号と誤差信号間の相関を高める必要があり,これを達成するには参照マイクロホンと誤差マイクロホン間を近づけるか,多数のマイクロホンを用いることが考えられる.しかし,多数のマイクロホンを用いると演算量の増加を招いてしまう.そこで,制御音源として超指向性を持ったパラメトリックアレイスピーカを用いることで両チャネルを独立に制御し,制御点以外に生じる音圧増加を防ぐことが可能であると考えられる.本稿では,工場内騒音に対するパラメトリックアレイスピーカを用いたANC システムに関して検討を行う. 
(英) Manufacturing equipment generates a serious noise (over 90 dB) in the factory. Hence, workers are exposed to the industrial noise for many hours and cannot communicate with each other. We therefore attempt to implement an active noise control (ANC) system in order to reduce the industrial noise. It is important to raise the correlation between a reference signal and an error signal in a feedforward ANC system for the noise in the factory. In order to raise the correlation, the distance between the reference and the error microphones must be shortened, or many microphones must be utilized. However, if many microphones are used, the computational complexity increases. Hence, we apply a parametric array loudspeaker as the control (secondary) source. In this case, the increase of sound pressure level in the uncontrolled area may be avoided because the parametric array loudspeaker has the feature of superdirectivity. In this paper, therefore, we examine the ANC system using the parametric array loudspeaker for the noise in the factory.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / フィードフォワード制御 / パラメトリックアレイスピーカ / 工場内騒音 / / / /  
(英) active noise control / feedforward control / parametric array loudspeaker / factory noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 466, SIP2011-172, pp. 251-256, 2012年3月.
資料番号 SIP2011-172 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 工場内騒音のためのアクティブノイズコントロールシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active Noise Control System for Factory Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) フィードフォワード制御 / feedforward control  
キーワード(3)(和/英) パラメトリックアレイスピーカ / parametric array loudspeaker  
キーワード(4)(和/英) 工場内騒音 / factory noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鐵 寛文 / Hirofumi Tetsu / テツ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2011-152,IEICE-SIP2011-172,IEICE-CS2011-144 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会