電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:15
直交サブキャリア多重方式に基づくOSDM-PONにおけるクリップQAM信号伝送方式の提案
高橋卓也栗山宜巳上田裕巳東京工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,より高速なサービスを経済的に提供可能とする目的で,複数の直交サブキャリアに基づくディジタル変調を用いたOSDM-PON (Orthogonal Subcarrier Division Multiplexing Passive Optical Network)を提案した.OSDM-PON はディジタル信号処理が適用でき,経済的にONU (Optical Network Unit)を実現できる可能性がある.更に,常時1 Gbps のユーザサービスを前提に,16 台のONU(Optical Network Unit)を収容する16-QAM に基づくOSDM-PON の実現性をシミュレーションにより示した.この中で,ONU はディジタル変調した信号に直流成分を加えてプラス成分にした後に,光変換して送信する方式で検討を進めた.本論文では,OSDM-PON のONU における送信電力の低減をねらいとして,QAM 信号のマイナス成分をクリップし,プラス成分のみを光変換して送信する方式を提案する.それとともに,OLT (Optical Line Terminal)において受信したクリップ信号からもとのQAM 信号を生成する方法を3 つ提案する.提案方式の実現性をシミュレーションにより明らかにする.提案方式は従来方式に比しONU の送信電力を低減できることを示す. 
(英) To economically provide higher bit rate services to users, we previously proposed an Orthogonal Subcarrier Division Multiplexing Passive Optical Network (OSDM-PON) using a digital modulation technology. We also showed that a 16-QAM based system can support up to 16 Optical Network Units ONUs), and constantly provide service data rate of 1 Gbps to each user; ONU made the QAM signal be completely positive by adding some bias before converting an electrical to optical signal due to no negative level in the optical domain. To decrease power consumption, this paper proposes a transmission method of clipping a negative QAM signal for OSDM-PON, and three methods for regenerating an original QAM signal from the clipped signal in the receiving Optical Line Terminal (OLT). We evaluate the proposed methods by simulations. We also evaluate transmission optical power between proposed and conventional one.
キーワード (和) QAM / 直交 / サブキャリア / PON / クリップ / プラス成分 / BPF /  
(英) QAM / orthogonal / subcarrier / PON / clip / positive / BPF /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 467, CS2011-131, pp. 177-182, 2012年3月.
資料番号 CS2011-131 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交サブキャリア多重方式に基づくOSDM-PONにおけるクリップQAM信号伝送方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Method of Clipping Negative QAM Signals for Orthogonal- Subcarrier- Division- Multiplexing PON 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QAM / QAM  
キーワード(2)(和/英) 直交 / orthogonal  
キーワード(3)(和/英) サブキャリア / subcarrier  
キーワード(4)(和/英) PON / PON  
キーワード(5)(和/英) クリップ / clip  
キーワード(6)(和/英) プラス成分 / positive  
キーワード(7)(和/英) BPF / BPF  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 卓也 / Takuya Takahashi / タカハシ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗山 宜巳 / Takashi Kuriyama /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 裕巳 / Hiromi Ueda /
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2011-139,IEICE-SIP2011-159,IEICE-CS2011-131 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会