電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 12:00
東日本大震災時の実道路網トポロジに基づくVirtual Segment方式の性能評価
木村裕太辻 広志巳波弘佳関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 劣環境における通信技術として,Epidemic Routing(ER)方式など移動体を利用した蓄積運搬転送型中継方式があるが,これら単独の通信方式だけでは効率性の限界がある.実際,ER方式のような伝播だけに依存する方式では,対象とする領域の大きさの増大にしたがって到達可能性は減少し,到達する場合においても遅延時間が増大するため,スケーラビリティに問題がある.これに対応するために,Virtual Segment(VS)方式というものが提案されている.これは,ER方式とコアネットワークによる大域的な通信を組み合わせたものであり,到達率の向上と通信遅延の削減,また高いスケーラビリティが期待できる.本稿では,東日本大震災時の実道路網トポロジに基づき,VS方式の有効性をシミュレーションによって検証した.その結果,通常時より大幅に低下した交通量であってもVS方式はER方式に比べ十分高いデータ到達率と到達時間の短縮を実現でき,現実の大規模災害時における通信手段としてのVS方式の有効性が示された. 
(英) The message deliveries based on the store-carry-forward routing schemes, such as Epidemic Routing (ER), are one of useful methods for communicating under DTN environments. However, these methods commonly have their own limitations in reachability of message to destinations and scalability. For example, the propagation delay of message between source and destination nodes generally becomes longer as the distance to the destination increases, and that even the reachability decreases. To overcome these problems, the Virtual Segment (VS) is proposed, which combines an ER method and a wired/wireless high-speed network connecting all base nodes (BN) located on the area. This can improve the reachability and solve the scalability problem.In this paper, we evaluated the effectiveness of the VS method by simulation with the use of actual road network topology after the East Japan Earthquake in 2011. The results showed that the VS method achieved higher successfully delivered ratio and shorter delivered duration than the ER method, even if the traffic volume is much smaller than an usual one. It follows that the VS method is effective even in a challenged network environment such as in a disaster.
キーワード (和) DTN / 蓄積搬送型通信 / 震災 / 道路網 / シミュレーション / / /  
(英) DTN / Store and Carry forward Routing / Eathquake / Road Network / Simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-233, pp. 301-306, 2012年3月.
資料番号 NS2011-233 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 東日本大震災時の実道路網トポロジに基づくVirtual Segment方式の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Virtual Segment Architecture based on an Actual Road Network at the time of the Tohoku Earthquake 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(2)(和/英) 蓄積搬送型通信 / Store and Carry forward Routing  
キーワード(3)(和/英) 震災 / Eathquake  
キーワード(4)(和/英) 道路網 / Road Network  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 裕太 / Yuta Kimura / キムラ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 広志 / Hiroshi Tsuji / ツジ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-233 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.301-306 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会