電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:20
サイクル構造に着目した障害復旧方式のOpenFlowによる有効性検証
長野純一福田純一篠宮紀彦創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,大規模かつ複雑化するネットワークにおいて,高速な障害復旧を実現する局所的な制御方式の開発を進めている.この方式は,メッシュネットワークに内在する任意の木構造に対して一意に定まるループの集合(基本サイクルの集合)を処理単位とする.本稿では,提案手法を,既存プロトコルの制約を受けずにフロー制御を実現できる自由度の高いネットワーク制御技術であるOpenFlow へ実装した,実験結果より,提案手法はエミュレーション環境上で動作可能であり,平均30ms で障害復旧できることが確認できた. 
(英) The purpose of this study is to realize fast failure recovery in a large complicated mesh network. Our study has proposed a local recovery method based on a set of loops (basic cycles) derived from a tree. This paper describes implementation of the method to OpenFlow that enables a network to be programable. Verification experiment results show that the proposal method can function in emulated environment and recover the network in average 30ms.
キーワード (和) 障害復旧 / OpenFlow / メッシュネットワーク / サイクル / / / /  
(英) Network Failure Recovery / OpenFlow / Mesh network / Cycle / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-231, pp. 289-294, 2012年3月.
資料番号 NS2011-231 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイクル構造に着目した障害復旧方式のOpenFlowによる有効性検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification by OpenFlow for a failure recovery method based on cycle structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 障害復旧 / Network Failure Recovery  
キーワード(2)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(3)(和/英) メッシュネットワーク / Mesh network  
キーワード(4)(和/英) サイクル / Cycle  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長野 純一 / Junichi Nagano / ナガノ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 純一 / Junichi Fukuda / フクダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠宮 紀彦 / Norihiko Shinomiya / シノミヤ ノリヒコ
第3著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-231 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.289-294 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会