電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 10:10
TCPフローのデータ転送移行による省電力化のためのリンク利用時間の集約方式
窪園晃一九工大)・田村 瞳福岡工大)・川原憲治尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワーク機器の省電力化手法として,転送ポートの設定帯域と電力消費量の関係を利用して転送トラヒック量に応じて設定帯域を制御することが検討され,UDPトラヒックの場合の有効性が示されている.しかし,TCP トラヒックを対象とした場合,そのフロー制御機構によりスループットなどの転送性能に影響を及ぼすことが懸念されるため,ポート(リンク)が未使用(アイドル)である時間帯を検知して転送帯域を制限する必要がある.そこで本研究では,リンクに複数のTCP フローが収容されている状況を想定し,データ転送を確率的にある一定時間移行することでリンクの使用/未使用時間を集約して効率的に低帯域化を行う方式を提案する.シミュレーションにより,移行時間や移行確率が各性能に及ぼす影響について明らかにし,提案手法の有効性を示す. 
(英) One of the power-saving scheme of network equipments is to control link transmission rate at output ports in switches/routers according to the amount of traffic on them since the power consumption of the ports increases as the preset transmission rate. Although the effectiveness of the scheme is shown in case where the tagged link is used for UDP traffic transmission, this would be result in degradation of the transmission performance where some TCP flows are accommodated on that link. Thus for TCP traffic, it is necessary that rate decreasing is done in a period with no data transmission on the link, i,e, in the idle time. Therefore in this paper, we propose the aggregation scheme of link idle time by delaying data transmission of TCP segments for an adequate period at
pre-defined probability, to enhance the idle time for effectively saving power consumption of links. We investigate the impact of the delaying time and probability on both transmission and power-saving performance.
キーワード (和) 時間的省電力TE / TCP / 転送移行 / 3ウェイハンドシェーク / / / /  
(英) Temporal Traffic Engineersing for Power-saving / TCP / Delaying Data Transmission / 3way-handshake / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-178, pp. 247-252, 2012年3月.
資料番号 IN2011-178 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TCPフローのデータ転送移行による省電力化のためのリンク利用時間の集約方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Aggregation Scheme of Data Transmission on Shared link by TCP flows to delay Data Transmission for Power-saving of Network Equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間的省電力TE / Temporal Traffic Engineersing for Power-saving  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) 転送移行 / Delaying Data Transmission  
キーワード(4)(和/英) 3ウェイハンドシェーク / 3way-handshake  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪園 晃一 / Koichi Kubozono / クボゾノ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-178 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.247-252 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会