電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:20
光トレイルネットワークにおけるトレイル多重分割方式
福島行信菊本大志陳 文傑横平徳美岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,既存の光デバイスにより構築可能であり,かつ,波長単位よりも細かい粒度での帯域割当が可能な光ネットワークアーキテクチャとして光トレイルネットワークが注目されている.また,このアーキテクチャとトークンパッシング型メディアアクセス制御を前提として,トークン保持ノードにおいてトレイルを上流トレイルと下流トレイルへと分割し,それぞれのトレイルで独立してデータ転送を行うことによりスループットの向上を目指したトレイル二分割方式も提案されている.この方式は下流トークンの受信のみを契機としてトレイルを分割するため,上流トークン保持ノードの上流に位置するリンク上の帯域は未だ遊休状態のままである.本稿では,さらなるスループットの向上を目的として,トレイル多重分割方式を提案する.この方式は,下流トークンだけでなく上流トークンをもトレイル分割の契機とすることにより,上述した遊休状態の帯域を有効利用する.提案方式を用いた場合のトラヒック収容判定問題を線形計画問題として定式化し,それを解くことにより多重分割トレイルの最大実効スループットを導出し,従来の二分割トレイルに対する最大実効スループットの向上の程度を検討している.数値例によると,多重分割トレイルに都合の悪い(各ノードペアの送信レートが互いに等しい)トラヒックパターンでは,最大実効スループットの向上は見られないが,多重分割トレイルに都合の良い(隣接ノード間のみで送信が行われ,かつ,それらの送信レートが互いに等しい)トラヒックパターンでは,最大で約1.93倍の最大実効スループットを得ることができる. 
(英) As a new optical network architecture that can be built with currently available devices and can achieve bandwidth allocation with granularity finer than a wavelength, the light-trail architecture attracts attention. For the light-trail architecture using token passing medium access control, the split trail architecture is proposed for improving the throughput. In the architecture, a trail is split into the upstream trail and the downstream trail at the token holding node and independent data transmissions on the two trails are permitted. However, the split trail architecture leaves the bandwidth of links upstream of the upstream-token holding node idle because the split of the trail is driven by the reception of only the downstream-token. In this paper, we propose the multi-split trail architecture for further improving the throughput. Our architecture utilizes the idle bandwidth by splitting the trail driven by the reception of both upstream- and downstream-tokens. We formulate the decision problem of the traffic accommodation where we optimize the token holding times so that the input traffic is successfully accommodated, as a linear programming problem. Then, we derive the maximum effective throughput of the multi-split trail architecture by solving the problem, and investigate the degree of improvement over the split trail architecture. According to numerical examples, the multi-split trail architecture achieves 1) the same maximum effective throughput as the split trail architecture for an uniform traffic pattern where every node pair has the same sending rate, and 2) about 1.93 times as high maximum effective throughput for its favorite traffic pattern where every transmission node sends data to its adjacent downstream node only and their rates are identical.
キーワード (和) 光トレイルネットワーク / トークンパッシング型MAC方式 / トレイル多重分割方式 / / / / /  
(英) Light-trail networks / Token passing MAC / Light-trail Multi-splitting method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-261, pp. 463-468, 2012年3月.
資料番号 NS2011-261 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光トレイルネットワークにおけるトレイル多重分割方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Light-trail Multi-splitting Method in Light-trail Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光トレイルネットワーク / Light-trail networks  
キーワード(2)(和/英) トークンパッシング型MAC方式 / Token passing MAC  
キーワード(3)(和/英) トレイル多重分割方式 / Light-trail Multi-splitting method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 行信 / Yukinobu Fukushima / フクシマ ユキノブ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊本 大志 / Taishi Kikumoto / キクモト タイシ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 文傑 / Wenjie Chen / チン ブンケツ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横平 徳美 / Tokumi Yokohira / ヨコヒラ トクミ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-261 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.463-468 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会