お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 11:20
劣通信環境におけるフローサイズ分布を考慮したマルチパス制御方式
深尾陽介巳波弘佳関西学院大NS2011-239
抄録 (和) 低速または不安定な通信や断続的な通信しかできない環境,すなわち劣通信環境において,信頼性のある通信技術が必要となってきた.本稿では,断続的接続性を含む劣通信環境の中で,伝送帯域の異なる異種無線アクセスネットワークを通して,インターネットへ接続する通信環境において,複数の通信パスを効率よく利用するためのパス選択問題を扱う.これまでにも,このような劣通信環境下での有効なパス選択アルゴリズムが研究されているが,本稿では,フローサイズ分布がべき乗則にしたがうことを利用して,小さな測定負荷でより効率的なパス選択アルゴリズムを検討し,シミュレーションによって既存のパス選択アルゴリズムと性能を比較した.その結果,フローサイズ分布がべき乗則にしたがうような現実的な状況においては,提案アルゴリズムの有効性が確認できた. 
(英) Network technologies applicable to challenged networks such as packet loss, delay, and connectivity heavily vary are required. In this paper, we address a path selection scheme to use efficiently multiple paths whose properties are different. For example, in an environment such that some paths are broadband but with intermittent connectivity and others are stable but narrowband, a path selection scheme must assign each incoming traffic flow to a path so as to achive a short delay time. Some schemes have been proposed so far; however, we can expect to improve the performance by a scheme that uses a well-known power-law property of actual flow size distribution. In this paper, we propose such a scheme and evaluate the performance by simulation. The result shows that the proposed path selection scheme can achieve a short delay time by low measure load.
キーワード (和) 劣通信環境 / マルチパス / パス選択 / フローサイズ / べき分布 / / /  
(英) Challenged Environment / Multipath / Path Selection / Flow size distribution / Power-law / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-239, pp. 335-340, 2012年3月.
資料番号 NS2011-239 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-239

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣通信環境におけるフローサイズ分布を考慮したマルチパス制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Path Selection Algorithm considering Flow Size Distribution in Intermittently Connected Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 劣通信環境 / Challenged Environment  
キーワード(2)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(3)(和/英) パス選択 / Path Selection  
キーワード(4)(和/英) フローサイズ / Flow size distribution  
キーワード(5)(和/英) べき分布 / Power-law  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深尾 陽介 / Yosuke Fukao / フカオ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-239 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.335-340 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会