電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 12:50
携帯電話を用いた権限移譲方式の提案
山越公洋山本英朗森田哲之菅沼 毅NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ICカードなどに登録された本人証明書をそのまま活用して、スマートフォンなどで安全に認証サービスが可能な方式を提案する。提案方式では、トークン発行局がICカードの本人証明書を元にスマートフォンで利用可能な認証権限(トークン)を発行、管理する。トークンを発行する際に、PKIチャレンジレスポンス認証をベースにした権限移譲をおこなう。利用者が所有するスマートフォンに対してトークンを発行したことを保証するために、ICカードに対してスマートの署名が付いた自己署名型のチャレンジレスポンス認証を用いる。これにより、ICカードにスマートフォンの公開鍵証明書の発行元認証局の公開鍵を事前にインストールすることを必要とせず、所有者のスマートフォンに認証権限を安全に発行することが可能となる。スマートフォンで認証サービスを利用する際は、トークンを認証サーバに送信するとともにチャレンジレスポンス認証をおこなうことにより、トークンのコピーを利用したなりすましを回避する。Android OSを搭載したスマートフォンへの実装を前提として、認証サービスにおいて大きな脅威であるなりすましに対する検証結果を示す。 
(英) We propose an authentication method for personal identification using a smart-phone utilizing a personal identification public key certificate issued to IC-card. Token-issuer issues and manages a token for a smart-phone from a public key certificate in IC-card. Token is issued by similar way as PKI based challenge-response authentication mechanism. Self-signature by smart-phone is used for challenge to IC-card to guarantee that a token is issued to an owner's smart-phone from an owner's IC-card. This makes it possible to realize safety token-issue from an IC-card to a smart-phone without installing a public key of CA for smart-phones in advance. PKI based challenge-response also avoids replay attack with used token. We showed our method can resist against spoofing in the case of smart-phones with Android OS.
キーワード (和) 認証 / PKI / 公開鍵 / 移譲 / 署名 / スマートフォン / NFC /  
(英) Authentication / Identification / PKI / Public Key / Transfer / Signature / Smart-Phone / NFC  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 470, LOIS2011-100, pp. 165-170, 2012年3月.
資料番号 LOIS2011-100 
発行日 2012-03-01 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 名桜大学 
開催地(英) Meio Univ. 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2012-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯電話を用いた権限移譲方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposed method for authority transfer using mobile-phones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(2)(和/英) PKI / Identification  
キーワード(3)(和/英) 公開鍵 / PKI  
キーワード(4)(和/英) 移譲 / Public Key  
キーワード(5)(和/英) 署名 / Transfer  
キーワード(6)(和/英) スマートフォン / Signature  
キーワード(7)(和/英) NFC / Smart-Phone  
キーワード(8)(和/英) / NFC  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山越 公洋 / Kimihiro Yamakoshi / ヤマコシ キミヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 英朗 / Hideaki Yamamoto / ヤマモト ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 哲之 / Tetsushi Morita / モリタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 毅 / Takeshi Suganuma / スガヌマ タケシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 12:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2011-100 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会