電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:30
クロスレイヤシステムにおけるQoS情報管理法
森 慎太郎石井光治生越重章香川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ユビキタス無線ネットワークシステムは,伝送速度や信頼性の面において有線ネットワークに近づきつつある今日,無線通信固有の移動性などの利点に注目が集まり,情報収集・配信などの多様なシステムの担い手となっている.その中で,無線ネットワークが提供するアプリケーションサービスの範囲が多様化するにつれ,様々なネットワークをシームレスに融合する必要性が高まっている.しかし,無線ネットワークシステムに対する所望条件は適用領域ごとに異なっているため,アプリケーションサービスごとに所望QoSを差別化させる必要がある.本稿では,アプリケーションサービスのQoSを統一的に取り扱うことを目的としたクロスレイヤ設計に基づくQoSフレームワークにおいて,クロスレイヤ制御を導入したシステム間でQoS情報を共有する手法に焦点をあてる. 
(英) Recently, in terms of the transmission speeds and reliabilities, wireless network system is close to wireline one. Additionally, wireless communications system must provide various multimedia application services such as ubiquitous and customized to individual needs. In these perspectives, it is necessary to realize a seamless interaction among various networks. However, there is primitive agenda, i.e., the required application services are depending on applicable areas or customers. In order to mitigate this drawback, it is necessary to consider the QoS (Quality of Service) differentiation and control. In this paper, we propose a cross-layer designed QoS framework for overall layers. Especially, we focus on the QoS management schemes, and then we construct the protocol stacks among physical, data link, network and transport layers.
キーワード (和) クロスレイヤ設計 / QoS情報管理 / QoSマッピング / QoS差別化 / / / /  
(英) Cross-Layer / QoS Management / QoS mapping / QoS differentiation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-184, pp. 281-286, 2012年3月.
資料番号 IN2011-184 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クロスレイヤシステムにおけるQoS情報管理法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Framework for QoS Management in the Cross-Layer Designed Wireless Communications System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロスレイヤ設計 / Cross-Layer  
キーワード(2)(和/英) QoS情報管理 / QoS Management  
キーワード(3)(和/英) QoSマッピング / QoS mapping  
キーワード(4)(和/英) QoS差別化 / QoS differentiation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 慎太郎 / Shintaro Mori / モリ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii / イシイ コウジ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 生越 重章 / Shigeaki Ogose / オゴセ シゲアキ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-184 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.281-286 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会