電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:40
Openflowを利用した負荷分散システムとその応用
深見公彦北爪秀雄中島雅之NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者らはOpenflow技術を利用したネットワークアプライアンスの仮想化の研究開発を行っている.データセンタ運用において,テナント間をタグVLANを用いてネットワーク分離をすることによって,セキュリティを高める運用を行う事業者は多いと考えられる.そこで,著者らはテナントのVLAN毎に分離されたネットワー
ク上で負荷分散することをより安価に実現する方式を検討し,その過程において,VLAN情報を負荷分散プログラムで扱えるOpenflow技術に着目した.そして,Openflowソフトウェアスイッチとコントローラを利用して負荷分散機能を実装し,実現可能性を検証した.また,Openflowソフトウェアスイッチを負荷分散装置として動作させた際の性能測定を行い,性能上の課題を明らかにした. 
(英) The authors carried out research and development of virtualization of network appliances that use Openflow technology. In data center operations, operators perform enhance security by the separation among the tenants network using VLAN tags. Therefore, the authors study the method to achieve a load balancing on a network that is separated into each VLAN of the tenant in a lower cost. In the process, we focused on Openflow technology that can handle the VLAN tags in a load balancing program. And we implemented a load balancing function using Openflow software switch and controller, and verified the feasibility. In addition, performance measurement was performed when the equipment was operated as a load-balanced switch Openflow software, made it clear on the performance issues.
キーワード (和) Openflow / 負荷分散 / 仮想ネットワーク / / / / /  
(英) Openflow / load balancing / virtual network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-204, pp. 401-406, 2012年3月.
資料番号 IN2011-204 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Openflowを利用した負荷分散システムとその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Load Balancing System and Its Applications Using Openflow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Openflow / Openflow  
キーワード(2)(和/英) 負荷分散 / load balancing  
キーワード(3)(和/英) 仮想ネットワーク / virtual network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深見 公彦 / Kimihiko Fukami / フカミ キミヒコ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北爪 秀雄 / Hideo Kitazume / キタズメ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 雅之 / Masayuki Nakajima / ナカジマ マサユキ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-204 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.401-406 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会