電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 09:50
電源供給ノードを考慮した6LoWPAN/RPL準拠ホームセンサネットワーク長寿命化方式とその評価
滝澤慎也小室信喜阪田史郎千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,スマートホーム/スマートオフィスの実現が現実味を帯びてきているが,その役割は環境センサと家電の協調による生活利便性の向上だけでなく,省電力化のためのHEMS (Home Energy Management System) / BEMS (Building Energy Management System) としての働きも求められるようになった.このような状況の中で,スマートタップはホームセンサネットワークを構成する重要なセンサになると考えられる.一般に電池駆動が求められる環境センサに対し,スマートタップは電源に接続され,電池残量を考慮する必要がない.そのためスマートタップ
のような電源供給ノードを中継ノードとして選択すれば,ネットワークライフタイムは最大化出来ると考えられる.我々は以前,スマートホームのIPv6 無線センサネットワークにおいて,スマートタップのような電源供給ノードを優先的に中継ノードに選択する経路決定方法を提案した.本稿では,実際のスマートホームを想定したトポロジによる計算機シミュレーションと実機実験により提案手法を評価し,既存の手法よりもネットワークライフタイムが増加することを示す. 
(英) In recent years, a smart home / smart office has been expected to be realized. Its required role is not only a cooperation between environmental sensors and appliances for comfortable living, but also a function as a HEMS (Home Energy Management System) / BEMS (Building Energy Management System). Therefore, smart taps will be important sensors that constitute a multihop home sensor network. Whereas an environmental sonsor is battery-powered, a smart tap is connected to household AC power. Therefore, if power-supplied nodes like smart taps are selected as relay nodes, network lifetime can be maximized. Previously, we have proposed a new route determination scheme that preferentially selects power-supplied nodes like smart taps as relay nodes in an IPv6-implemented wireless sensor network for a smart home. In this paper, the performance of the proposed scheme is evaluated using computer simulations and actual devices. The results show that the proposed scheme prolongs the network lifetime compared to other schemes.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / 6LoWPAN / RPL / スマートホーム / スマートオフィス / HEMS / スマートタップ / TelosB  
(英) Wireless Sensor Networks / 6LoWPAN / RPL / Smart home / Smart office / HEMS / Smart tap / TelosB  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-161, pp. 145-150, 2012年3月.
資料番号 IN2011-161 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電源供給ノードを考慮した6LoWPAN/RPL準拠ホームセンサネットワーク長寿命化方式とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Routing Control Scheme Prolonging Network Lifetime in 6LoWPAN WSN using Power-supplied Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) 6LoWPAN / 6LoWPAN  
キーワード(3)(和/英) RPL / RPL  
キーワード(4)(和/英) スマートホーム / Smart home  
キーワード(5)(和/英) スマートオフィス / Smart office  
キーワード(6)(和/英) HEMS / HEMS  
キーワード(7)(和/英) スマートタップ / Smart tap  
キーワード(8)(和/英) TelosB / TelosB  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝澤 慎也 / Shinya Takizawa / タキザワ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-161 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会