お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 10:30
VANETsにおけるフラッディングプロトコルの建物によるシャドウイングを考慮した通信特性評価
村上浩章高木由美太田 能玉置 久神戸大NS2011-244
抄録 (和) 近年,車両間通信技術の急速な発達により,車車間通信の実現が期待されている.車両間で通信をおこなうことで,緊急情報などの収集,配信を短時間でおこなうことができる.しかし,市街地では,建物などの遮蔽により交差点を曲がった先への電波の回り込みが小さくなり,情報が伝搬しにくいという問題がある.また,ITSの既存研究は特定のエリアを対象にした,小規模なものが多い.そこで本稿では,市街地での車車間通信による緊急情報配信を想定し,大規模シミュレーションにより,建物を考慮した電波伝搬特性がフラッディングによる情報配信特性に及ぼす影響を解析した. 
(英) In recent years, with the fast development in ad-hoc wireless communications and vehicular technology, it is expected that VANETs (Vehicular Ad-Hoc Networks) will be realized.
VANETs enable vehicles to easily collect and disseminate emergency
information in short time.
In urban areas, corner-lots at intersections are often occupied by
buildings.
In general, radio signal remarkably decreases when turning a corner from
a LoS (line-of-sight) onto a NLoS (non-line-of-sight) street at an
intersection.
Therefore, emergency information is not disseminated efficiently into
NLoS streets.
Additionally, studies of ITS in past simulate the performance at a small
scale.
In this research, we try to analyze the effect of this characteristics
to flooding using the large-scale simulation on the assumption of
desseminating emergency information in VANETs.
キーワード (和) Intelligent Transportation System / 車車間通信 / フラッディング / シャドウイング / / / /  
(英) Intelligent Transportation System / Vehiclular Ad-Hoc Networks / Flooding / Shadowing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-244, pp. 363-368, 2012年3月.
資料番号 NS2011-244 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-244

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VANETsにおけるフラッディングプロトコルの建物によるシャドウイングを考慮した通信特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Flooding Protocols in VANETs Considering Shadowing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Intelligent Transportation System / Intelligent Transportation System  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Vehiclular Ad-Hoc Networks  
キーワード(3)(和/英) フラッディング / Flooding  
キーワード(4)(和/英) シャドウイング / Shadowing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 浩章 / Hiroaki Murakami / ムラカミ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 由美 / Yumi Takaki / タカキ ユミ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉置 久 / Hisashi Tamaki / タマキ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-244 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.363-368 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会