電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 15:40
ID・ロケータ分離ネットワークにおける統合セキュリティアプローチ
ベド カフレ李 睿棟井上大介原井洋明NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は、新世代ネットワークにおけるモバイルかつマルチホーミング環境に拡張性と柔軟性を提供できるID・ロケータ分離によるHIMALIS (Heterogeneity Inclusion and Mobility Adaptation through Locator ID Separation)アーキテクチャを設計している。ID・ロケータマッピングデータを頻繁に保存・更新・獲得する機構には、セキュリティ機能を組み込んでおく必要がある。本稿ではドメイン名前登録サーバ・ホスト名前登録サーバの2階層で構成され、安全にデータを保存・更新・獲得する機能を含める統合セキュリティアーキテクチャを提案する。本提案により、安全なネットワークアクセス・通信セッション・移動通信管理機能を提供できる。 
(英) The HIMALIS (Heterogeneity Inclusion and Mobility Adaptation through Locator ID Separation) architecture is based on ID/locator split in order to provide better scalability and flexibility in the mobile and multihoming environments. It requires storing, updating and retrieving ID/locator mapping data frequently, for which built-in security functions are essential. To address this purpose, this report presents an integrated security approach for storing, updating and retrieving hostnames to IDs and locators mapping data in two-layered name registries: domain name registries and host name registries. This architecture then utilizes the mapping data for network access security, communication sessions security, and mobility functions security.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / ID・ロケータ分離 / HIMALIS / ネットワークセキュリティ / / / /  
(英) New Generation Network / ID/locator split / HIMALIS / Network security / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-198, pp. 365-370, 2012年3月.
資料番号 IN2011-198 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ID・ロケータ分離ネットワークにおける統合セキュリティアプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integrated Security Approach for ID/Locator Split-based Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / New Generation Network  
キーワード(2)(和/英) ID・ロケータ分離 / ID/locator split  
キーワード(3)(和/英) HIMALIS / HIMALIS  
キーワード(4)(和/英) ネットワークセキュリティ / Network security  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ベド カフレ / Ved P. Kafle / ベド カフレ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 睿棟 / Ruidong Li / リ エイトウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-198 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.365-370 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会