電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-09 13:30
Content Espresso: 大容量ファイルのセキュアな広域共有の実現にむけて
金子晋丈安藤大佑寺岡文男慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大容量ファイルを世界中でやりとりする時代になりつつある.しかしながら、ファイルサイズが大きくなればなるほど保管や共有、高速なアクセス速度の実現が難しい.Content Espressoは大容量ファイルの保管から共有のためのアクセスまでを統一的に扱うグローバルかつセキュアに共有するためのオープンな方式である.本方式は、ファイル単位での共有、分散管理・水平分業、保存容量の最小化、マイクロレストレーション、均質なアクセス時間、保管容量の増加に伴うシステム最適化を設計指針としている.また技術的には、ファイルの属性情報や認証情報をファイルそのものから切り離して管理する点、あらかじめ前方誤り訂正による冗長符号を付与して分割保存する点に特徴がある.一方でUDPによる転送を用いるためネットワークへの影響が想定されるため、ネットワーク仮想化基盤を用いた解決策を示した. 
(英) Recently, it is common to handle large files over the world. However, large files make the system to store, share, and access difficult. Content Espresso is an open platform technology to realize large files sharing among the world over the networks securely. The approaches of this technology are the followings; file-basis sharing, distributed management/horizontal specialization, minimum storage, micro restoration, maximized access speed to access lines, and stability along with total storage size. Its technical originalities are separation of file properties and file data, and common forward error correction methodology for storage and transmission. We also showed the impact on networks by Content Espresso traffic and the solution using virtualized network technologies.
キーワード (和) Content Espresso / ファイル共有 / グローバル / セキュア / 前方誤り訂正 / / /  
(英) Content Espresso / file sharing / global / secure / forward error correction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-192, pp. 329-334, 2012年3月.
資料番号 IN2011-192 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Content Espresso: 大容量ファイルのセキュアな広域共有の実現にむけて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Content Espresso: A Global Secure File Sharing System for Large Files 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Content Espresso / Content Espresso  
キーワード(2)(和/英) ファイル共有 / file sharing  
キーワード(3)(和/英) グローバル / global  
キーワード(4)(和/英) セキュア / secure  
キーワード(5)(和/英) 前方誤り訂正 / forward error correction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋丈 / Kunitake Kaneko / カネコ クニタケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 大佑 / Daisuke Ando / アンドウ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 文男 / Fumio Teraoka / テラオカ フミオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-09 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-192 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.329-334 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会